新品へのこだわりを捨てれば、少ないお金でも満足な買い物はできる。

何か買いたいなって思ったとき、どこで商品を探しますか?

実際のお店に見に行ったり、インターネット通販など…。

いい感じのものも見つかったし、さて購入!

ってちょっと待った!

そんな時、もっとお得に買えるかもしれない方法があります。

スポンサーリンク

中古市場をみてみよう

それは中古品です。

中古といっても本当にボロボロのものから新品未使用品までピンキリ。

新品をリサイクルショップに持ち込んで、買取額がびっくりするくらい安いことに驚いたことはないでしょうか。

わたしはあります…。新品なのに!?とびっくりしました。

一度個人の手元に渡ったものは例えタグ付きの新品未使用品であっても中古品という扱いになります。

だから逆に言うと、買うときは新品でも安く購入できるんです。

わたしが主に探すキーワードは「美品」「数回のみ使用」「未使用」「新品」。

モノによっては半額以下で購入することもできます。

そしてブランド品であれば流通量も多く探しやすいし、品質も使い心地もいい場合が多い。

特にこども用品は人気ブランドを購入しておくと売る時も高値で売りやすいのでおすすめです。

例えば、わが家のベビーカー。

Air Buggyブレーキモデル+ストローラーマット+マキシコシのチャイルドシート+アダプターを、たまたま立ち寄ったリサイクル屋さんで購入しました。

新品ですべてそろえると100,000円超えますが、セットで40,000円でした。

使用頻度も低い美品でしたが、逆に買取額はいくらだったんだろう?

1年使用しただけで100,000円が20,000円くらい?

オークションで割と高値で取引されていたのを知っていたので、使い終わればまた売ってみようかなと思っています。

いくらになるかはわかりませんが、お金に替わるか粗大ごみになるかは大違いですよね。

中古でも人気のある商品を美品の状態で手に入れて、最後お金に替えることができれば使用中の満足度も高いですし、最後お金にも変わっていいですね。

ものを買うときは手放すときのことも合せて考えるとスムーズに進みます。

高額商品のほうが節約効果が高い

1,000円の10%OFFより1,000万円の10%OFFのほうが節約効果が高いですよね。

ブランドもの、宝石、家や車など、特に大きな買い物のときは是非中古のご検討をおすすめします。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly