負債0へ。35年で組んだ住宅ローン3,300万円を9年で完済しました。

今年のはじめに住宅ローンの完済手続きをしました。

借りた時は35年かけて返すことになるのかな?と思っていましたが、途中で「できるだけはやく返そう!」と思い立ち、9年目で完済することができました。

スポンサーリンク

住宅ローンを早期返済するためにしたこと

1.小さな暮らしを心がけた

以前は社宅扱いの賃貸物件に住んでいたこともあり、貯蓄率は60%を超えていました。

新居に引っ越してからも基本的にダンナさんのお給料で生活することを心がけました。

2.生活費を見直した

携帯電話、通信費、自動車保険の見直しと医療保険、がん保険の解約をしました。

お得にSIMフリー版 iPhone6s 64Gを手に入れる方法。
数ヶ月前、スマホの乗り換えで最終的にauからソフトバンクに乗り換えました。 機種はダンナさんの要望もあり、今回は使い慣れているiPho...
がん保険って必要?治療の必要額と公的保障について調べてみました。
無料の保険相談を機に、保険の見直しをしています。 保険はよくわからないからという理由でいままであまり積極的に考えていませんでし...
自動車保険を見直そう!わが家は保険料を46%節約できました。
今年も自動車保険の更新時期がやってきました。 去年の夫婦の話し合いで今年は保険の乗り換えを真剣に検討することに。 今回も...

車は普通乗用車から軽自動車へ。

車はコンパクトな軽自動車に。かける手間、費用を削減。
普通自動車から軽自動車に乗り換えて約1年経過しました。こどもが産まれたので、普通なら大型のファミリーカーにするところかもしれませんが、ダンナ...

(車を所有しないということも考えましたがダンナさんの通勤時間の短縮のため購入。)

3.共働きを続けた

わが家は2人とも中小企業の正社員です。

手取りはそう多くありませんし、どちらか一方の給料だけでは生活が不安です。

とても繰り上げ返済どころの話ではありません。

出産後も共働きを続けていたおかげで金銭的にも精神的にも余裕を持って過ごすことができました。

ただ、これはわたしの会社の社長が子育てしながら働くことに理解があったから。

法律的には認められていても現実的には難しい問題ですね。

4.余裕のあるうちに繰り上げ返済した

夫婦2人のときは生活に余裕があったため、あまり考えずにボーナスが出たり貯金がたまった時点で繰り上げ返済をしていました。

最初の3年ぐらいは年に数回、その後は年に1回などスピードをゆるめていきました。

結果、かなりの利息を減らすことができました。

まとめ

わが家が住宅ローンの早期繰り上げ返済のために行ったことはとても基本的なことばかりです。

  1. 小さな暮らしを心がけた
  2. 生活費を見直した
  3. 共働きを続けた
  4. 余裕のあるうちに繰り上げ返済した

投資が上手な人なら、繰り上げ返済をせずに投資にまわすという手もあると思いますが、わが家にはこの方法の方が合っていたかなと思います。

まだあまり実感はわきませんが、来月から住宅ローンの引き落としがなくなると思うとうれしいです。

あとは抵当権抹消のために法務局へ行って手続きは完了です。

今後、余剰資金は貯金&投資にまわして、基本的にはいままで通りの生活を続けていきたいと思います。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly