学資保険は必要?不要?わが家の教育費の備え方。

お子さんが生まれて学資保険を検討されている方も多いのではないでしょうか?

保育園の送迎時、同じ時期に2人目を出産したママさんから

「学資保険入った?」

と聞かれました。

5年前に上の子のために入った学資保険に加入しようと思いシミュレーションしてみたら現在は元本割れするとのこと。

結論から言うと、わが家は学資保険には加入しません。

投資信託で運用しようと考えています。

スポンサーリンク

わが家の教育費の目標金額

教育費は1人あたり1,000万円。

2人で2,000万円を目標にしています。

私立大学&ひとり暮らしをする仮定で予算組みしました。

高校までは毎月の家計から出すつもりです。

国公立大学や自宅からの通学になるとその分が浮きますが、逆に中学から私立とかになると予算が不足します。

その場合は目標金額の見直しが必要。

できるだけ早めにこどもと進路について相談していきたいと思います。

教育費の貯め方

  1. 預金…500万円
  2. 保険(低解約返戻金型終身保険)…500万円
  3. 投資信託①…500万円
  4. 投資信託②…500万円

【関連記事】保険(低解約返戻金型終身保険)に関して

保険見直しの結果。わが家が新たに加入した保険と解約した保険。
少し前から無料の保険見直しを利用して色々検討していた結果、わが家の保険内容を決定しました。

投資信託①はセゾン投信で積立中。

基本は株と債券で50%ずつ運用するセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを使っています。

投資信託②はこれから始めます。

下の子はまだ0歳なので長期積立が可能なため、少しリスクを取ってリターンを得たいと考えています。

商品としては楽天VTか楽天VTI、iFree S&P500あたりを検討中。

リスク対策

投資での運用となると一番のリスクは元本割れではないでしょうか。

高校3年生の時に大暴落がきて目減りしてしまっては悲惨です。

そうならないためには、利益の出ている段階で早めに確定させることが大切。

とりあえず保険があと7年で満期になるので、そのあたりで一度整理したいと思います。

まとめ

投資=リスクと考えがちですが、何もしないリスクもあります。

また、預金、保険=安全ではないということも知った上で何を選択するのか?考えていく時代になってきていると感じます。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly