【悲報】保育料決定通知。わが家の来月からの保育料はこうなります。

先日、保育料の決定通知がきました。

周りの声を聞いた感じ、嫌な予感はしていましたが「やっぱりか。」という結果。

わが家の場合は等級が一段あがって45,900円となりました。

4月に保育料が34,000円になって喜んでいたのも束の間(保育料は何歳から安くなる?2歳児クラスの保育料が決定。)、以前の額に逆戻りです。涙

スポンサーリンク

平成27年度からの「子ども・子育て支援新制度」によって色々と見直しがされています。

以前までは「所得税」で保育料が計算されていたのが、新制度からは「住民税」での計算に変わっています。

住民税は9月に決定するため、9月が切り替え時期となります。

医療費控除などの確定申告で住民税が安くなる場合があるので、できる分はやったほうがいいですね。

「子ども・子育て支援新制度」の一環として国は幼稚園と保育所の機能をあわせ持つ「認定こども園」の普及を進めています。

息子は今年の4月に保育園を転所しました。

以前の保育園は0~2歳児までで、それ以上の年齢はグループ系列の認定こども園へ転所することになっていました。

それに向けて何度か説明会があったのですが、そのこども園は幼稚園に合わせて週2回お弁当(いまは月1回)、保育園と幼稚園の担任の先生が2人いて面談は2回(幼稚園は平日のみ)などフルタイム勤務で保育園に通わせている親からすると色々負担も増えそうな印象でした。

これから見直される部分もあるとは思いますが、実態に合わせていい方向になればと思います。

正直、毎月の保育料+その他費用は大きな出費です。
特に3歳未満は保育料が高く家計にはダメージが大きい。
先生の人数も必要ですし仕方ないですけどね。

でも、日々動きが活発になるこども怪獣の相手をしてもらって、安心して働きに行けるのは本当に助かります。
息子は保育園大好きですし、言葉や表現の幅も日々広がっていることを感じます。

特にわが家はどちらの実家も遠いので親にも頼れませんし。

ここを乗り越えられれば3歳以上の保育料は下がるのでがんばりどころですね。

今後残業することも増えるでしょうし、自分の都合ばかり通らないこともあると思います。

なので、計算して収入を抑えるより、逆にがっつり収入を増やしていこう。
税金にも強くなって控除できる分はしていこう。

家計を守る主婦は、自分で調べて行動していくってことが必要な時代だと思います。

「知らない」「難しい」「わからない」で済ませず、賢くなっていきたいですね。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly