頑張りすぎないミニマリスト生活。ゆるミニマルのススメ。

「モノのない暮らしっていいな!」

ミニマリストに憧れてドンドンモノを減らしてすっきりしたものの、やりすぎて家族との関係がギスギス…。

そういう経験のある人もいるのではないでしょうか?

わたしも、もっとモノを手放してすっきり暮したい!

と自分の意思で強引に進めようとしたことがあります。

結果は家族の反発を受けて撃沈…。

そんな時、「ゆるミニマルのススメ」が参考になりました。

スポンサーリンク

ゆるミニマルな暮らし

ミニマリスト・ミニマルライフというと、モノが少ないのが正解!と減らすことにばかりに注目しがちですが、何を残すか?その理由は?という視点でものをみてみると、家族がいてもスムーズに片付けが進むようになります。

見直した結果、モノの量が多いままでも、本当に大切モノが何かわかれば無駄にイライラすることもなくなります。

  • 使わないモノ
  • 愛着の湧かないモノ
  • 嫌な思い出が蘇ってくるモノ
  • くれた人に悪い…と持ち続けているモノ

こういった自分にとって不要なモノを手放し、大好きなモノに囲まれた生活を意識することで、気持ちよく過ごせるようになってきました。

ゆるミニマルな暮らしで得られる5つのこと

ESSE(エッセ) 2016年 09月号」にも、ゆるミニマルの特集が載っていました。

その中に「ゆるミニマルな暮らしで得られる5つのこと」が紹介されていました。

  1. 必要、不必要を見極める目が養える
  2. モノが自然と循環する
  3. 家事が楽になる
  4. モノをめぐる家族へのイライラが減る
  5. 家がもっと好きになる

結局、モノを減らしたい理由の基本はここなんじゃないかなと思います。

  • なぜモノを減らしたいのか?
  • 何を大切にしたいのか?

自分で自分の事を理解するためにも、家族のことを理解するためにも、モノとの関係を考えることはとても大切です。

まとめ

頭ごなしに否定から入らない。

相手の言い分をきちんと聞く。

まだまだできていないことも多いですが、意識して家族でゆるくミニマリスト生活をを楽しみたいなと思います。

家族がいちばん。だから、きちんと選べる。きちんと使える。ゆるミニマルのススメ。
by カエレバ

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly