預金比率を減らして長期投資で教育費を育てる作戦。

セゾン投信代表取締役社長の中野氏の本を読みました。


投資をしてみたいけど全くわからないって人に読みやすい一冊だと思います。
NISA(少額投資非課税制度)についてもわかりやすく説明されていました。

わが家でもセゾン投信で毎月積立投資しています。

2,803,017円(元金2,135,000円)

マネーフォワードの管理画面です。

そもそも銀行にお金を預けることに対してはじめて疑問を持ち、投資することにしたのは勝間和代さんのこの本を読んだのがきっかけでした。

当時、銀行員の友達とこの本の話で盛り上がったのを思い出しました。
その子も預金以外に分散投資をしているということでした。
銀行員ですら(だから?)預金だけではだめだとわかっているんです。

自分で勉強して行動していかないといけない時代なんだなとつくづく感じます。

現在わが家のポートフォリオは約75%が現金、預金となっています。
その中の50%以上が教育資金です。

教育資金は使いたい時に減ってしまっては困るという考えから、いままでは主に定期預金にしてきました。
でも、ある程度まとまったお金になってきたため、このまま全てを定期預金にしてしまうのはもったいない。

大学資金と考えているのであと15年くらい期間があります。

まずはセゾン投信で少し運用を始めることにしました。

セゾン投信でこつこつ増やす。教育費を達人様に預けてみます。
わが家は長期投資の一部をセゾン投信で積み立てています。 「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と「セゾン資産形成の達人ファンド」...

とりあえず5,000円からはじめて、そこから増額するかはまだ未定ですが、少しリスクを取りながら楽しく育てていければなと思います。

なにもしないのもリスク

心に刻んでちいさく投資して育てていきたい。

この本も参考になりました。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly