長期目線でお金に働いてもらう仕組み作り。現在の現金と投資比率。

以前から資産の中の現金比率が高いのが気になっていました。

定期預金は安全だけど、低金利で寝かせて置くのはもったいない…。

そう思っていたところ、株と為替に動きがでてきたため、一部を投資口座に資金移動しました。

その結果、預金比率が下がり投資比率が上がりました。

スポンサーリンク

2015年4月

現金・預金…75%、投資…25%

2015年9月現在

現金・預金…63%、投資…37%

目標

現金・預金…50%、投資…50%

10月になれば定期預金が満期になるので、まだ円高株安の局面が続いていればそれも投資に回したいなと考えています。

現在の投資内容としては主に定期積立購入と円高、株安時のスポット購入の2種類があります。

定期積立購入…投資信託(セゾン投信ひふみ投信)、金積立(田中貴金属)、FX(SBI FX)

スポット購入…FX(外為どっとこむ、SBI FX)、株・ETF(SBI証券)

アメリカ株にも興味が出てきたのでマネックス証券にも口座開設手続き中です。

あとは日本郵政3社のIPO(新規上場)にも初めて挑戦してみようと考えています。

抽選なので当たるかは運次第。

野村證券は口座があるのですがもうひとつ、岡三オンライン証券かSMBC日興証券のどちらかに口座を開こうかな。

ブックビルディング(公開買い付け)が10月8日からなので急がないと。

増やした口座は使い勝手をみながらまた集約していこうと思います。

アメリカの利上げのタイミングによって株や為替が今後どのように動くかわかりませんが、長期視点で取り組みたい。

共働きでまだリタイアまで時間があるいまは、少し攻めの姿勢で臨みたいと思います。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly