仕事がはかどる!職場デスクの断捨離。

会社のデスクの上や引き出しの中、何がどこにあるか把握していますか?
不要な書類やサンプルを断捨離して、仕事の効率化を考えてみませんか。

スポンサーリンク

現在のデスクの上

パソコン、ペン立て、電話、カレンダー

以上です。

毎日この状態にして退社します。

デスクの引き出しも半分くらい空いているので一番下の大きめの引き出しを通勤バッグをいれるスペースにしています。

以前のデスクの上

左右に書類の山。常に探し物をして提出忘れも多々…。

ウォールストリート・ジャーナルの調査によると、1年にサラリーマンが探し物に使う時間は6週間。
ものすごく無駄ですよね。

わたしの周りをみても、仕事ができる人はデスクまわりも常にすっきりしています。

ものがいっぱいのデスクでは、自分で仕事ができませんとアピールしているようなものです。

変わったきっかけ

オフィスが引越しした

同じ会社で10年以上勤務していますが事務所を4回引っ越しています。それに加えてフロア内の移動もあり、無駄なものを運んで使わないのはいやだなと感じるように。日頃からできるだけ荷物を捨てるようになりました。

仕事を引き継いだ

産休育休に入るタイミングで全ての仕事を引き継ぐ必要があったため、書類、データなど整理し直しました。
いまでもこどもの急な発熱で休むことがあっても電話で書類やデータの場所が伝えられるので助かります。

自分ひとりしかわからない状態から、みんながわかる状態を目指せば、自然とどのように片付ければいいのか見えてきます。
会社のものであって個人のものではないことを認識するべきです。

片付ける仕方

書類

スキャン、シュレッダー

データ

消去、まとめる、フォルダ分けして保管

サンプル

返却する、使う、捨てる、あげる

片付けるタイミング

「保留」「進行中」「完了」のボックスの中にクリアファイルでざっくり分けて管理していますが、ボックスがいっぱいになったり探しにくくなってきたと感じたら片付けるようにしています。

はじめは一気にやってしまうのがおすすめです。
時間がかかるので、わたしは休みの日に出社して実行しました。慣れれば空いた時間で簡単にできるようになります。

全部捨てなくてもいい

自分にとって大切なものは持っておいてOK。
わたしは新人時代のノートをずっととってあります。仕事には使いませんが、たまにみて必死だった頃を思い出しています。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly