お金をストレスなく貯める・使うために必要なこと。大切な3つの項目。

無駄なものを買わないように気をつけすぎて、節約疲れしていませんか?

そして「今日ぐらいいいか。」と甘いスイーツを食べてストレス解消。⇒「無駄使いしてしまった」と反省…。

そんなストレスをためないお金の貯め方と使い方について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

支出の内容を把握する

横山光昭さんの『NHK「あさイチ」お金が貯まる財布のひみつ:不安がなくなる貯金の極意』によるとお金は「いくら使ったか」ではなく「何に使ったか」が大事とのこと。

それを判断するために、出費の内容を「消費」、「浪費」、「投資」の3項目に分類します。

それぞれの理想の割合は消費70%、浪費5%、投資25%

  • 「消費」生きていくために必要な支出
  • 「浪費」ムダ遣い
  • 「投資」自分や家族に役立つ意味のある支出

わが家の内訳を考えてみると、なんとなく浪費が5%より多めで投資が少なめのような気がします。

週末に家族でスーパーへ買い物へ行って1週間分の食料や日用品などを買うのですが、ついでにお菓子や酒類などをちょこちょこ買ってしまっています。

自分へのご褒美は「浪費」?「投資」?

ちょっと疲れたからコーヒーや甘いものを買って食べる。そのおかげで仕事の効率があがった。

だからこれは「投資」だよね?

それに対して横山さんは、

そんな効果が検証できない、自分の安寧のためにしたことを投資としてはいけませんね。やはりこれは、浪費でしょう。

自分をありのままに受け入れることが一番大切とのこと。

そして浪費も全くしないのが正解という訳でもなく、自由に使って自分を甘やかしてあげることも大切です。

お金を貯める目的を自覚する

「消費」、「浪費」、「投資」のどの項目に分類されるかわからないとき、どんな夢を叶えたくてお金を貯めたいのか自覚することがとても大切です。

その支出が夢につながることであれば「投資」にもなりえるし、ただのストレス発散であれば「浪費」になるでしょう。

シンプルにお金が貯めたい目的との関係を考えましょうということです。

お金を使う目的を明確にする

お金を使う時、「必要だから買うのか」「欲しいから買うのか」が最も重要な基準。

家の中には「欲しいから買ったもの」って結構多いのではないでしょうか?

だいぶ数は減らしたものの、わが家にもまだ色々あります。

ここは過去の自分を反省しつつ「なんとなく欲しいから買う」のではなく「本当に心の底から欲しいから買う」にチェンジしていきたいと考えています。

とにかく

自分なりの価値観を持った上で、現実を否定しない考え方が大切だ。

お金を貯める目的とともに使う目的を再度考えてみたいなって思いました。

NHKあさイチお金が貯まる財布のひみつ(楽天)

NHKあさイチお金が貯まる財布のひみつ(Amazon)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本日もお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly