お金が貯まる財布のつくり方。お金に好かれたい人はお財布を見直そう!

会社のランチタイムで家計簿の話になりました。

既婚女性4人の中でひとりのお財布はレシートとポイントカードでパンパン。

「家計簿をつけようと思ってとっておいたらこんなことに。」

やろうやろうと思っているうちに3ヶ月分たまってしまったようです。

スポンサーリンク

ブタ財布はお金が貯まらない

わたしがこどもの頃、母の財布はいつもレシートでパンパンのブタ財布でした。

重いし、小銭を出すのも一苦労。

急いでいるときは小銭があってもお札で支払ってまた小銭が増える…という感じでした。

共働きで住宅ローンもなかったのでそれなりに家計に余裕はあったはずですが、使途不明の出費も多かった印象があります。

定年してからはものを減らすことを意識し出したようで、先日会った時はお財布もずいぶんスリムになっていました。

お金の貯まる財布とは

  • 不要なレシートはすぐに捨てる
  • ポイントカード、クレジットカードは使用するもののみに厳選する
  • お札は揃えて下向きに入れる
    (お金が逃げないように。)
  • お札は10,000円、5,000円、1,000円と同じ種類にまとめて入れる
  • まとまった金額を入れる
    (お金はさみしがりや。たくさんいるところに集まる。)
  • お財布自体も大切に使う

保険証や診察券などはお財布とは別のポーチで管理したほうがもっと金運アップにつながるようです。

わたしは確実に持っていくのを忘れるので一緒に入れていますが…。

財布はお金の家

お財布を居心地のいい状態にしてあげることで金運を呼び込みます。

タレントの松居一代さんの家にはお財布専用の布団があって、毎晩お布団で寝かせているらしいです。

現在の財布

5年前の誕生日にダンナさんからプレゼントしてもらったGUCCIの財布。

財布

まだまだ現役で活躍中です。

お手入れは時々革用のトリートメントで表面をケアするのと、バックに入れて持ち歩くときは、バッグインバッグの中に入れています。

このバッグインバッグには下記のものも入れています。

  • こどものお薬手帳、保険証、診察券
  • 通帳ポーチ(通帳、キャッシュカード、商品券、金券)

はっきり言って重いんですが、スキマ時間で用事を済ませたいので持ち歩いています。

ただ、通帳ポーチの中身についてはもう少し減らすか、行く日を決めて普段は持ち歩かないか改善したいと思っています。

いい方法がみつかったらブログで紹介しますね。

まとめ

お金に好かれたいと思うなら、お金のことにもっと興味を持ち、お金を大切に扱い、どうすれば好かれるのか知識を得て行動すること。

そしてお金がもっと入ってくるように、仕事や色んなことも心をこめてやること。

そうすればお金のムダ使いもなくなって、収入も増え、自然とお金が貯まるようになります。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly