【モノの価値】お気に入りの毛皮やアクセサリーも普段使いで活用。

パーティ用の小物やドレスって持っていますか?

わたしはドレスが1着とアクセサリー、夏と冬(毛皮)のストールが各1枚ずつあります。

周囲の結婚式もだんだん落ち着いてきたし、他の行事で使うとしても出番は年に1~2回。

もったいないですよね?

この度クローゼットを見直していて、毛皮のストールとパールのネックレスを普段にも使うことにしました。

(ドレスと夏用のストールは今後ますます出番が少なくなれば断捨離するかも。)

スポンサーリンク

普段使いすると決めたモノ

毛皮のストール

ねっくれすストール

数年前の友人の結婚式用に購入したもの。

値段は1万円くらいだったかなと思います。

ラビットファーで肌ざわりがとてもやわらかくあたたか。

ドレスの時は肩からかけて使いますが、普段使いでは首のあたりで2重巻にするとちょうどいい感じ。

パールのネックレス

ネックレス

5年前に伊勢旅行へ行った際、ダンナさんに買ってもらった本真珠のネックレス。

誕生日プレゼント10年分として買ってもらいました。

洋服がシンプルなので、アクセサリーをつけるとオシャレ感が出ます。

お気に入りをどんどん使っていく

何にしても、「高かったから」と年に数回あるかないかの行事のためにクローゼットに大切にしまい込んでおくよりは、普段から使っていくほうが価値を感じることができます。

いいもの、お気に入りのものならなおさら。

逆にパーティ用のドレスや小物はレンタルもできる時代ですから。

これからは「○○専用」をなくして「兼用」できるスタイルを考えていきたい。

家にあるものを改めて見直してみると、「ない」と思い込んでいたけど実は「ある」と気づくことがあります。

普段は安いものを使って、特別な時はいいものを。

そんな考えを昔は持っていましたが、わたしたちの日常は圧倒的に普通の日の方が多いんですよね。

普通の日をもっと大切にしたい、改めてそう思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本日もお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly