片づけが楽になる習慣づくり 5つのポイント。

こどもと暮らしていると家の中は雑然としますよね。

わが家はダンナさんも開けっ放し、出しっぱなし、置きっぱなしな人なのでため息をつくこともしょっちゅうです。

でも、ここでママだけが頑張るとストレスもたまります。

家族みんなが自然と片付けできるようになる仕組み作りを意識していきましょう。

スポンサーリンク

ポイント

「まっすぐ置く」「そろえておく」「まとめておく」

いきなり捨てようと思うとハードルが高すぎます。まずはきちんと置くことから。

わが家に合う方法をみつける

家や人によって片付け方に向き不向きがあります。色々試してしっくりくるものを見つけていきましょう。

「わかりやすさ」を重視

「こどもにもわかる=見てわかる」を意識して、置き場所、置き方を考えてみましょう。

なにも置かない場所を決める

まずは一箇所、常にすっきりさせておくスペースを決めて、徐々に増やしていきましょう。

ほどほどにスッキリを目指す

「探し物がない」「使いやすい」「みんなで片付けができる」ができればOK

さらに「床に置かない・吊るす」「ものの置き場所を決める」「捨てる・減らす」を意識すれば、すっきりした印象になります。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly