洗濯機とコインランドリーを併用して、ちいさくて身軽な暮らしへ。

わが家が洗濯機に求めたこと。

  • 毎日洗いたい
  • いまよりちいさいサイズ
  • できれば静かな方がいい
  • 乾燥機能はなくてもいい
  • 最新式でなくてもいい

ドラム式にも憧れましたが、やはり縦型洗濯機にすることに。

洗濯機の機能比較。縦型とドラム式のメリットとデメリット。

事前にネットで調べていた機種は、ひとつ前のモデルということもあり店頭にはありません。

はやめに欲しかったので、お店にある別の洗濯機を買うか迷ったのですが、やはり気に入ったものをネットで購入することにしました。

注文したのはコチラ。

シンプルな全自動洗濯機(アクア スラッシュ) を購入しました。
やっと新しい洗濯機がやってきました。 この一週間は手洗い&部屋干しでなかなか大変でした。 しかも季節は梅雨…。 「洗濯機が...

そして溜まった洗濯物を洗いに、初めてコインランドリーを使用しました。

スポンサーリンク

コインランドリーを初めて使って感じたこと

使い方は簡単

  1. 洗濯物を入れる
  2. コースを選ぶ
  3. お金を入れる
  4. ドアを閉める

今回は洗濯+乾燥のコースを選択。

洗剤は自動投入で不用でした。

今回使用したコインランドリーは電話番号を登録することができて、仕上がり時間になると呼び出しがかかるシステムでした。

1時間くらいかかるので、待ち時間に買い物できるのは便利です。

梅雨時は乾燥機能が大活躍

コインランドリーって洗濯をするところというイメージでしたが、家で洗濯→脱水までした衣類を乾燥目的で持ち込んでいる人の割合が多かったです。

確かに梅雨の時期は部屋干しも大変だし、それなら一気に大型のドラム式乾燥機で乾燥させた方がはやいです。

乾燥機は10分で100円でした。20~30分回すとしても、これで家事の負担が減るなら安いですよね。

布団や毛布、ラグもふわふわ

家の洗濯機では洗うのが難しい大きな羽毛布団や毛布、ラグも洗え、ふわふわに仕上がります。

クリーニングに持ち込むよりもいいかも。

衣類やタオルもふわふわ

持ち込んだ衣類ですが、家で天日干ししたものより手触りがふわふわに仕上がりました。

またドラムが大きいので家庭サイズのドラム式洗濯機で乾燥するよりもシワがつきにくいのも魅力的。

洗濯機とコインランドリーの併用がいいかも

毎日の洗濯は家の洗濯機。

大型のものを洗うとき、大量の洗濯物を乾かしたい時はコインランドリーなど使い分けして考えたほうがシンプルだなって感じました。

家の洗濯機に全ての機能を求めるとサイズも大きくなり価格も高くなります。

家でやりたいこと、外部に依頼したほうがお金はかかるけど楽なこと。

これらを分けて考える癖をつけていきたいですね。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly