テレビの買い替えでサイズダウン。モノの価格と価値の関係性。

テレビの調子が悪いです。

最初の頃は「画面の中央にうっすら線が?」くらいのものでしたが、いまではがっつりと黒い線が入ってきました。

購入してから7年。

いよいよ買い替え時期のようです。

スポンサーリンク

テレビの買い替え

モノはいずれ壊れる。買い替え、断捨離について~家電編~ 」にも書きましたが今回、ダンナさんにお願いしたことはひとつ。

「いまよりもサイズダウンして欲しい。」ということ。

ほんとはね、テレビのない生活に憧れます。

パソコンとラジオがあれば十分。

わが家のリビングにはDENONのチューナーとスピーカーがあるので、とってもクリアな音声でラジオが楽しめます。

でもダンナさん的にはテレビがない生活なんて絶対無理ってことなので、せめて小さくしてほしいと要望を出しました。

一応、その方向で動いてくれるみたいでありがたいです。

ちなみに現在家にあるのは42型。

ヨドバシカメラで見たときはそんなに大きいと思いませんでしたが、実際リビングに置いてみると「でっか!」とびっくり。

テレビの価格

そして、もっと大きかったのは値段。

いまはテレビもかなり安くなりましたが、当時はかなりの高級品でした。

当時の家計簿をおそるおそる見てみると、テレビの購入費用は約21万円でした。

年3万円…。

いまだったら絶対買わないなぁって思います。

価格の高い安いではなく、わが家にとってはそこまでの価値がないと思うから。

映像関係の仕事をしている、家で映画を見るのが大好き!っていう人ならもっと高い4Kのテレビでも価値はあるでしょう。

結局、同じモノでも使う人によって価値があるもの、ないものになってしまうということですね。

今度買い換える予定のテレビは32型で約4万円程度。

この7年でそんなに安くなったんだーと驚き。

お財布へのダメージが少なくて助かります。

モノを持つことのコストと費用対効果について改めて考えさせられました。

まとめ

これからモノを買い替える時にはできるだけコンパクトにしていきたい。

大きなテレビボードを捨てたとき、本当に大変だったのでそう思います。

そして「モノを持つ」ことに対して夫婦で意見が違うこともしばしば。

別の人間ですからね、仕方ないです。

これからもどちらかの意見を完全に押し付ける100対0の考え方ではなく、話し合いでお互い妥協できる部分とできない部分をすりあわせながら、落としどころをみつけていきたいなと思います。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly