ついダラダラしてしまう時、タイマー機能を使ってメリハリをつけよう!

やる気が起きない、ついダラダラしてしまう。

そんな気持ちの時に使っているのがスマホのタイマー機能。

シンプルですが、なかなか効果がありますよ。

スポンサーリンク

ちょっとした掃除、書類整理、片づけ…。

やったらすぐに終わるのに、なかなか取りかかれない。

そういう時は、スマホのタイマー機能を使ってやる気スイッチをONにしましょう!

とりあえず何も考えず先に体を動かします。

少し体を動かすとあら不思議。
やる気も出てきます。

家電と一緒ではじめの起動時にすごくエネルギーがいるみたい。

でも、一度動き出してみればスムーズにこなすことができます。

これは子育てにも使えます。

息子がなかなか遊びをやめられない時、スマホで動画をみたいとねだる時にも有効。

「ピピピと鳴るまでだよ。」と言ってから始めるとと、ちゃんとタイマーがなったらやめられるようになりました。

でもたまに「もうちょっとやりたい。」というときもあります。

そういうときは前回の半分の時間(例:1回目は10分、2回目は5分)で少しだけ延長しています。

それ以上はまた明日!

そんな感じにすることでわたしのイライラも少なくなりました。

時間は有限。

ダラダラせずに短時間で集中してやる。

時間を意識して、楽しいことにできるだけ時間を使いたい。

親子で一緒に取り組んでいければなと思います。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly