断捨離したもの4つ。持つことだけに安心感を求めない。

最近、断捨離熱がアップしています。

季節がいいと片付けや掃除がはかどりますね。

今回は、ずっと捨てようと思いながら捨てられなかったものを処分しました。

スポンサーリンク

断捨離したもの

片方のピアス

とても気に入ってよく使っていたピアス。

キャッチ(留め具)のない耳にひっかけるタイプです。

ある日、通勤途中にふと耳に手を当てると、片方のピアスがありません。

きっとどこかで落としたんだ。

でも、もしかしたら家にあるかもしれないし。

実際、前に掃除をしていた時に別のピアスの片方を見つけたことがあります。

そんな感じでしばらく置いておきました。

寝室やリビングを探してもやっぱり出てこない。

残念だったけど、処分することにしました。

おさがりのおもちゃ

ちょこちょこ頂くおさがりのおもちゃ。

とてもありがたいんですが、たくさんありすぎて全部出すとこども自身も管理しきれなくなります。

そして、きれいなものから状態のあまりよくないものまで様々。

使いそうなものだけ残して状態のあまりよくないものは処分、きれいだけど使わなさそうなものはフリマ行きにしました。

ハンドメイドの材料

昔から絵を書く事やミシンや毛糸を使って手作りすることが好きでした。

ハンドメイドはサイズやデザインなどを自分の好みに作れるところが好きです。

こどもが生まれる前はスタイやスリングなどを手作りしていましたが、最近はあまり作ることがありません。

今回断捨離したのは布。

お店で購入したものや古着のはぎれなど。

使えるけど使わないかな?というものは断捨離しました。

あとは今後、ちょこちょこ作ったりして消化していきたいと思います。

学生時代の手紙、メッセージカードなど

実家から持ってくるときに大半は処分したのですが、一部を箱に入れて保存していました。

再度見直して半分くらい処分することにしました。

断捨離をして思うこと

捨てるまでは「後悔したらどうしよう?」って手が止まることもしばしば。

きっと不安なんですよね。

でも実際に捨ててみると意外と後で思い出せないものも多い。

本当に後悔するのは全体の1%くらいかもしれません。

最悪お金を出せばもう一度買うこともできるし、思い出のものも当時の自分にとっては宝物だったけれど、いまの自分にとってはさほど大切ではないっていうことも多いから。

モノがなくても記憶は残る。

モノに頼らなくても安心。

これからもモノに頼りすぎることのない生き方をしたい、そう思いました。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly