【テレビ周りを公開】42型から32型に買い替えてすっきり。

テレビが壊れたので買い換えました。

買い替えの条件としてダンナさんにお願いしたのは

「いまよりも小さいサイズにして欲しい。」ということ。

テレビの買い替えでサイズダウン。モノの価格と価値の関係性。
テレビの調子が悪いです。 最初の頃は「画面の中央にうっすら線が?」くらいのものでしたが、いまではがっつりと黒い線が入ってきました。 ...

結果、42型→32型にサイズダウンしました。

スポンサーリンク

わが家のテレビ周り

テレビ

新たに購入したのはパナソニック 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-32D300

以前と同じ機種にしたため、新たに使い方を覚えなくていいので楽です。

新しいテレビを置いたところはこんな感じ。

テレビ

ビフォーがなくて残念ですが、サイズダウンで明らかに圧迫感が減りました。

ダンナさんは「大きいテレビの方が迫力があっていい。」と残念そうでしたが、わたしはテレビに関してはなんならいらない派なのでここは意見を聞いてもらいました。

周辺機器

[左上]DENON AVサラウンドレシーバー 5.1ch AVR-1611K

[左下]パナソニック ブルーレイレコーダー DIGA DMR-BW750

テレビ台

無印良品のオーク材AVラック

左側は本来ガラス扉の仕様ですが、DENON AVサラウンドレシーバー 5.1ch AVR-1611Kの奥行がありすぎてガラス扉が閉まらなかったため、取り外して保管しています。

DENONのスピーカーはダンナさんの独身時代のもの。

中央のスピーカーを乗せているのは同じく無印良品の壁に付けられる家具

スピーカー関係はこれ以外にあと4つ、サイドの壁と後ろの天井に付いています。

スピーカーがなければかなりすっきりするんだけど…と思いつつ、現状はおまかせしています。

コンパクトにして感じること

この家を建てた時は「もう引っ越すこともないだろう。」と大型家具をバンバン揃えました。

テレビ台も同じで、ここには天井まである棚を置いていました。

そこにCDやDVD、ゲームなどあらゆるものを詰め込んでいました。

いまはほとんど手放してしまったけれど、結局何を入れていたか思い出せないようなものをたくさん片付けていたんだなって思います。

まとめ

モノと向き合うことで、少しずつ暮らしが整ってきたのを感じます。

見栄なのか?心が満足するために欲しいのか?

その辺を心と向き合いながら決めていく。

そして考えてモノを買うと、使うお金も少なくて済む&満足度が高いことに気づきました。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly