持ち家でモノを増やしすぎないためには「仮住まい」という感覚が大切。

わたしはいままでの人生の中で5回引っ越しをしました。

流れにするとこんな感じ。

持ち家(実家)→賃貸(学生1人暮らし)→賃貸(社会人1人暮らし)→賃貸(シェア2人暮らし)→賃貸(夫婦2人暮らし)→持ち家(自宅)

持ち家と賃貸に住んでいた時の明らかな違いは荷物の量。

賃貸に住んでいた時は、次に引っ越す時のことを考えて、大きなもの(特に家具や家電)はできるだけ持たないことを常に念頭においていました。

特に1人暮らしだった時は、まさにミニマリストの部屋!って感じで机とパソコンと布団があるだけのなんにもない部屋で遊びに来た友達にすごく驚かれた覚えがあります。

いまの家に引っ越してきたときは「もう引っ越しはしないだろう。」と、大きな家具や家電を買い揃え、一気にモノが増えました。

改めて考えるとお金と時間に制限のある引っ越しは自分の持ち物を強制的に見直すことのできるとてもいい機会だったと思います。

わが家はいまのところ転勤も引っ越しの予定もありませんが、とはいえずっと住み続けるかはわかりません。

動きやすい環境を整えておくために、「もしいまの家よりも狭い家に引っ越すことになったら?」と妄想しながら家中のモノを見直すことにしました。

スポンサーリンク

一軒家を片付け切る

以前、「家1軒を片づけ切ると、「時間」「心」「お金」に余裕が生まれます。 」という記事を書きました。

昨年中に片付けるつもりでしたが体調不良で計画延期になっていました。

だいぶ回復してきたのでここで改めて、家を片付けることに着手したいと思います。

3日間で一気に片付けたい気持ちも大いにあるのですが、現在、複数の資格の勉強もしたりしているため時間が取りづらい状況なので、計画は少しゆるめにいこうと考えています。

家族の協力も必要なのでスケジュールの共有も大切です。

また、進捗しましたら記事にしていきますね。

■関連記事

家1軒を片づけ切ると、「時間」「心」「お金」に余裕が生まれます。
家一軒を片付け切る。 家のサイズが大きければ大きいほど、家族の人数が多ければ多いほど想像がつかないことではないでしょうか? わが...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
本日もお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly