砂糖断ちって知っていますか?実際に1ヶ月実行して感じるメリット。

砂糖断ちって知っていますか?

わたしは最近少し意識しています。

といってもルールはかなり適当です。

  • 料理の糖分の量を控える、みりんやはちみつで代替えする
  • 市販のお菓子を買うのをやめる
  • 外食や友達とお茶する時はOK
  • 会社やご近所からの頂き物はOK

かなりゆるい。(笑)

スポンサーリンク

本当は完全に砂糖の摂取を止めることなんですが、わたしは白砂糖の摂取を控えようという感じ。

家庭用の砂糖は数年前にきび砂糖、てんさい糖に切り替えました。

白砂糖は体を冷やしたり、集中力の低下、アレルギーや冷えの原因になるとされています。

市販のジュースやお菓子、菓子パンにはこれでもか!っていうくらい白砂糖が使われています。

家の白砂糖は切り替えたものの、お菓子はなかなかやめることができませんでした。

量はセーブするようになりましたが、完全にはやめれられずちょこちょこ買いしていました。

白砂糖って中毒性があるんですよね。

「チョコレートを食べると元気が出てくる。」「今日は頑張ったからご褒美に甘いものを食べよう。」

わたしもよくやっていました。

「今日だけ。」と思っているのに、しばらくするとまた食べたくなる。

会社のデスクに常々お菓子がないと不安な状態でした。

これはやっぱりおかしいな。

そう思って市販のお菓子を買わないことにしました。

はじめは口さみしいかな、と思いましたが、そんな時は果物やナッツ、漢方スタイルクラブカードのポイントでもらったお茶などを飲んで過ごしました。

数日経つと甘いお菓子がなくても不安ということはなくなってきました。

ウエスト周りもすっきりしてきて、仕事の集中力もあがりました。

スーパーでお菓子を買うためにお金を使うこともなくなり、お菓子のことを考えたり、買いに行く手間もなくなりました。

心から「美味しい!」と食べていたならよかったのですが、「悪い習慣だな。次こそは止めたいな。」と思いながらなんとなく習慣で食べてしまっていました。

止めてみるとわたしには思っていたよりメリットが多かったです。

「美味しいから。」といって何も考えずに食べるのではなく、口にしている食品のメリット、デメリットを知って自分で選択する時代なんだなーってつくづく思います。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly