クローゼットの引き算で時間やお金、空間の浪費を防ぐ。

断捨離で服の数がずいぶん減りました。

改めて見直してみると以前は「微妙な服」が多数で、「クローゼットはいっぱいだけど着る服がない」状態でした。

着る服、着たい服に絞り込んだところ、服の管理と朝の服選びが劇的に楽になりました。

コーディネートのバリエーションが多いこと、色々なテイストの服を持つことにこだわるのはやめました。

もっと服を持つことについて考えたいと思い、「クローゼットの引き算」を読んでみました。

スポンサーリンク

7つのワークシートで自分と服の関係を『見える化』する

服は暮らしを楽しくしてくれる、大切なものです。

でも、服に振り回されて、時間やお金、空間を浪費していては本末転倒です。

少なければいいというものではありませんが、着もしない服を買って、その管理に頭を悩ませるほどつまらないこともありません。

「たくさんあること=豊かなこと」ではありません。

本の中では7つのワークシートを使って自分と服の関係を見つめ直していきます。

  1. 「1ヶ月の行動範囲と服装調査」
  2. 「私の行動範囲」
  3. 「理想のコーディネート」
  4. 「私の『ファッションの軸』」
  5. 「○ランクの着られる服リスト」
  6. 「これは×ランク!『買ってはいけない服』リスト」
  7. 「これから足すべき『必要な服』リスト」

リスト化することで、自分がファッションに求めることが明確になっていきます。

クローゼットの中は自分がどう生きたいか?を表している

  • 人によく見られたい。
  • おしゃれだと思われたい。

そういう思いが強いと、服を選ぶことが他人軸になってしまいます。

そうではなくて、自分はどう生きたいのか?

自分のライフスタイルと行動範囲を知ること。

クローゼットに足し算するのは「素敵な服」ではなく「必要な服」。

たくさん持つことが不正解でも、少なく持つことが正解でもありません。

自分にとって必要な服と必要な量をしっかり理解することで、無駄な時間やお金、空間の浪費をなくしていきたいですね。

クローゼットの引き算

クローゼットの引き算(Amazon)

クローゼットの引き算(楽天ブックス)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本日もお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly