人生は何歳からでも変えられる。おとなになっても勉強するべき理由。

あなたは1日何時間勉強していますか?

学生の頃は勉強するのはある意味当たり前だった訳ですが、社会人になると自ら時間を捻出しないとなかなか勉強ってしないですよね。

極端な話、勉強時間0でも注意されるわけでもテストがあるわけでもないので、勉強する人としない人の差はかなりあるのではないかと思います。

電車の中を見渡してもスマホでゲームしている人やマンガを読んでいる人、新聞や本を読んでいる人、色々いますよね。

総務省統計局の最新の「社会生活基本調査」によると、10歳以上の日本人の仕事や学業以外の「学習・研究」時間は1日12分。

社会人になると7分。

かなり少ないですねー。

スポンサーリンク

「勉強しよう!」と思い立ってもなかなか続かない。

そんな経験は誰にでもあると思います。

わたしもいま振り返ってみてもいやになるくらい挫折だらけです。

でもこの本を読んで、続けれなかった理由、どうすれば続けられるのかヒントを得ることができました。

勉強がしたくてたまらなくなる本(楽天ブックス)

勉強がしたくてたまらなくなる本(Amazon)

  • 時間を確保するために何を捨てるか?
  • 勉強開始のフックとなる行動について。
  • 新しいことができない理由、続かない理由とその対処法。
  • なぜ続かなかったのか?どうすれば目標達成できるのか?
  • 自分のタイプを知って、自分に合った勉強法を実践。
  • 期限を決め、具体的に何をいつどこで行動に落とし込むかスケジュールの立て方。

読んだあとには勉強したい!と思わせてくれる本です。

やり方そのものというより自分の心理、行動パターンを理解することの重要性が理解できました。

勉強以外にもダイエット、趣味や家事など色々なことに応用できますよ。

自主的な行動が楽しさに繋がる

勉強って強制的にさせられても意味がありません。

その勉強をする意味を理解し、「だから勉強がしたいんだ!」って自分から思って行動しないと絶対に効果が出ないし続かない。

「○○したいんだけど、時間が、お金が…」って言い訳する人はまず信用されません。

やる人はどんな状況であってもできる方法を考えて行動しているし、逆にやらない人はどれだけ環境が整っていてもやらない理由をあげて結局やりません。

言葉より行動

ここを意識して実際行動していくと、人生変わりますよ。

勉強に決まりはない

資格を取ったりビジネスに活かすことだけではなく、いまより成長すること。

趣味でもなんでも学び続けることって大切。

年齢を重ねると「知らない」ってなかなか言いづらくなってきますがそんなプライド捨ててしまいましょう。

知らないからお願いして教えてもらう。

やってみたけど続かなかったことは失敗ではなくて「自分に合っていないことがわかった」経験。

それでいいんじゃないかなーって思います。

自主的に自分らしく生きる。何歳になっても成長できる。

そういう喜びを感じてチャレンジすることを知ってから、わたしも人生の楽しさを感じています。

なにかやりたいことがある人、できない理由ではなくできる方法を考えてちいさいことから是非行動してみてくださいね。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly