【使い切る暮らし】古くなったキッチンスポンジの最後の使い道。

わが家でスポンジを使っている場所

  • キッチン
  • お風呂
  • 洗面台

この3箇所になります。

この中でキッチンとお風呂はスポンジの使用頻度が高いため、スポンジがすぐにへたってきます。

以前はそのまま捨てていたのですが「持たない ていねいな暮らし」で、スポンジを使い切る方法が紹介されていたので真似してみることにしました。

スポンサーリンク

古くなったスポンジはトイレ掃除で使い切る

それは、古くなったスポンジは最後にトイレ掃除に使ってから捨てるという方法。
スポンジ

  1. ビニール袋を手にはめて、スポンジを持つ
  2. トイレ掃除をする
  3. 洗い終わったらスポンジの水分をぎゅっと絞る
  4. 手にはめた袋を裏返してスポンジを入れて捨てる

この方法であれば手を濡らすことなく掃除ができ、捨てる時も水分を気にする必要がありません。

わが家は普段、スコッチブライト トイレクリーナーでトイレ掃除をしていますが、手で掃除をすることでより細かい部分をしっかり掃除できるようになりました。

直接手で掃除することで柄つきブラシと違ってしっかり力も入ります。

わが家はトイレが1階と2階の2ヶ所あるので、キッチンとお風呂のスポンジ2個を掃除に使うことにしました。

キッチンやお風呂場のスポンジは古くなってきたら入れ替えて使いやすい状態をキープすることで、食器洗いやお風呂掃除が楽しくなります。

そして古くなったスポンジはトイレ掃除でしっかり使いきる。

なかなかいい方法だと思います。

使い切る暮らしを考えることは節約にもつながる。

これからも色々な情報を参考にしながら、無理せず気持ちよく使い切る暮らしを実践していきたいと思います。

持たない ていねいな暮らし
マキ すばる舎 2015-10-10
売り上げランキング : 5651

by ヨメレバ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
本日もお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly