お金・モノ・空間。断捨離を加速するために重要な3つの考え方。

「不用品であれ、できるだけ高く売りたい。」

以前はそういう考えでできるだけ高く売れる方法を試していました。

しかしこの考え方を持っていると、確かに高くは売れるけど、手放すことがなかなか進まない。

最近少し考え方を変えることで、ものを手放すスピードが格段にアップしました。

  1. 手放したいと思うものはすでに自分には不要なもの
  2. 高く売ることより、はやく手放すことを優先
  3. モノより空間、時間を大切にしたい

スポンサーリンク

断捨離を加速する3つの考え方

手放したいと思うものはすでに自分には不要なもの

部屋を見渡して「あ、これはもういらないかも。」そう思った時点で自分には必要のないもの。

その際の選択肢としては「売る」「譲る」「捨てる」のいずれかとなります。

自分にとっては不要なものだけど、必要とする人がいれば使ってもらいたい。

「次に使ってくれる人を探す。」

「処分費用がかからなければラッキー。」

それくらいの気持ちでこだわりすぎることをやめました。

高く売ることより、はやく手放すことを優先

「できるだけ高く売りたい。」

そういう考えで以前はヤフオクとメルカリなどフリマアプリが中心でしたが、最近は買取業者さんにも積極的にお願いするようにしています。

もちろん個人間で売買したほうが価格は高くなりますが、デメリットもあります。

  • 売るために手間や時間がかかる
  • 不用品を持ち続けるスペースが必要
  • 売ったあとにトラブルの可能性がある
  • 結局売れない可能性がある

お金を得るかわりにかなりの時間をロスしているということに気づきました。

業者さんからの見積もりをみて、「元が高かったんだからこんな値段では手放せない。」という考えが出てくる場合もあると思います。

そんな時は高く売りたいのか?はやく手放したいのか?優先順位をつけることで、迷わなくなりますよ。

モノより空間、時間を大切にしたい

モノに執着するよりも、それをなくしたあとのすっきりとした空間や気持ちの余裕、落ち着いた時間を楽しみたいと思うようになりました。

モノを持つことは維持費や掃除、メンテナンスの手間、家賃もかかります。

持ちすぎた暮らしはコストが高く、生活が煩雑になりやすい。

あえて持たないことを楽しむ気持ちを持つことで暮らしに余裕を感じられるようになってきました。

まとめ

執着を捨てたことで、断捨離のスピードが加速しました。

あと少しで業者さんへの依頼も一段落する予定なので、結果をまとめてみたいと思います。

1件1件は安いけれど、そこそこまとまった金額になっているはず。

捨てるよりは若干プラスになった。

それくらいで楽しみながらこれからも断捨離をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly