赤ちゃん連れは勧誘のターゲットになりやすい?わたしの体験3パターン。

息子を出産してから保育園に預けるまでの1年弱の期間、育児休暇を頂いていました。

たいてい公園や郵便局など家の近所に出かけていたのですが、その期間に3回も宗教?に勧誘されそうになりました。

スポンサーリンク

1人目は赤ちゃん教室で知り合ったママさん。

「一度遊びにおいでよ。」と誘ってもらったのでおうちに遊びに行くことに。

当時ママ友なんていなかったのでウキウキお邪魔しました。

はじめはこどものことや、家族のことなどたわいない話。

そして

「いま悩んでいることない?」

って聞かれたんです。

わたしは本当に悩みがなかったので

「全然ないよ。」

と正直に答えると

「わたしは若い頃自分の家族のことで悩んでいたんだけど、ある団体に出会ってその悩みが解決してそこで夫とも知り合ったの。今度一緒に行かない?」

というお誘いでした。

もちろんやんわりとお断りしましたが。

帰り道、誘ってくれた目的はわたしと友達になることではなかったんだなと思うと少し悲しくなりました。

2人目は郵便局の待合で隣の席に座っていたおばあさん。

「赤ちゃんの育児って大変でしょう?」

色々お話して用事も済んだので別れたのですが、再度駆け寄ってきて

「こういう集まりがあるから、よかったら。」

とチラシを渡されました。

3人目は信号待ちをしている時に声をかけてきた40代くらいの女性。

子育てで悩んでいる人同士が集まって悩みを解消するセミナーの案内とのことでした。

3人ともそれぞれ別々の団体でした。

赤ちゃんを連れた友達のいなさそうなお母さんをターゲットにしているんでしょうか?

確かにはじめての子育てで知り合いもいない不安な状態では勧誘するのにもってこいかもしれません。

わたしも仕事をしていなくて子育てに悩んでいたら行っていたかもしれません。

ひとつ思うのは、不安な状態の時こそ選択は慎重にするべきということです。

悩みがあるとき人は、すぐにでも解決してくれそうなことにすがってしまう。

それはすごくわかります。

でも冷静になって客観的に考えてみてください。

他力に頼るばかりではなく、自分の力で調べて考えて行動することはもっと重要です。

そして「違うかな?」って思ったら恐れずに断る勇気を持つこと。

わたしはこれをできるようになってから、すごく楽に生きられるようになりました。

無理に何かの団体に所属しなくても、本当にわかりあえる人とだけ過ごせればいい。わたしはそう思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本日もお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly