無印良品で購入したアイテムでお風呂場の石けん置きをミニマル化。

石けん置きが黒ずんできたのが気になり交換しました。

今回選んだのはこちら。

石けん置き

無印良品のポリプロピレンフタ付石けん置き・大・取替用スポンジ2枚入です。

本来は専用ケースに入れて旅行時などの持ち歩きに使用するのですが、今回はスポンジのみをお風呂で使ってみることにしました。

スポンサーリンク

わが家の石けん置きの歴史

いままで石けん置きも色々と変化してきました。

水受け付きのプラスチックタイプ

水受け付きのスポンジタイプ(厚)

水受けなしのスポンジタイプ(厚)

水受けなしのスポンジタイプ(薄)←今回

水受け付きタイプは、ダンナさんがシャワーをする度に水がかかってお皿にたまるのがストレスでした。

「お風呂から上がる際にたまった水を捨てて欲しい。」とお願いしても一向に改善しない。

毎回イライラするのが無駄だなと思うようになり、下のお皿を取ってしまいました。これでイライラが軽減。

しかしプラスチックタイプは溶けた石鹸がこびりついたのを掃除するのが面倒。

次に選んだのは無印良品の発泡ウレタン石けん置き

石けん置き

これは割と良かったのですが、使っているうちにどうしても黒ずんできてしまうので「もう少し小さくて手軽に交換できる価格のものがあればな。」と思い、今回のタイプを購入してみました。

お値段は2枚で90円(税別)です。

古くなったら気軽に交換できるのが魅力的。

ちなみに石けん置き、以前は壁に取り付けれられるタイプも検討していました。

ダルトン マグネティック ソープホルダー

しかし、せっけんが小さくなってきたときに新しいものと重ねて置けるタイプの方がいいなと思うようになり、置くタイプにしました。

下に水受けを置かないとどうしても石鹸カスがお風呂場の棚に付きやすくなるのですが、しばらくはこの形で様子を見てみようと思います。

まとめ

色々試しながら生活の改善をするのは面白い。

わが家に合ったミニマルな暮らしとはなにか?を考えて行くのが最近の楽しみでもあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本日もお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly