買わない習慣。マスキングテープと100均材料で簡単スマホカバー。

この度携帯の買い替えに伴い、スマートフォンのカバーを新調しました。

機種はiPhone6s。

色々話し合ったのですが、ダンナさんの断固とした強い意思により結局iPhoneになりました。

そのためわが家の支出が変わるのですが、それはまた明細が出てから記事にしますね。

スポンサーリンク

手帳型のスマホケース

最初は手帳型のものをAmazonで探していました。

手帳型はカードやお金などが入れられるポケットが付いていて手ぶらでのお出かけに便利です。

マグネットで閉まるタイプはパカパカしなくていいですね。

しかし磁力のせいで一緒に入れているICカードなどに影響がでる場合があるとのこと。

わたしの場合、定期も家の鍵もカード型なので万が一使えなくなったら悲惨です。

なので手帳型でマグネット不使用のものを探していました。

でもこれといったものが見つからず…。

そんな時、ネットで自作スマホカバーの記事をみつけました。

手帳型ではなくハードタイプのカバーにはなりますが操作性を考えたらこっちでもいいかも。

スマホカバーはハンドメイドマーケットでも大人気ですよね。

そんな手の込んだことはできないけれど、マスキングテープを使ったものなら挑戦できそう。

ということで、スマホカバー作りに挑戦してみました。

マスキングテープでスマホカバー作り

手作りスマホカバーの材料

  • スマホカバー
  • マスキングテープ
  • ハサミ
  • カッター
  • カッターマット

カバーは100均で透明タイプを購入。

紙は少し厚みがあったほうがいいかなと思い、インクジェットのハガキが残っていたのを使いました。

でも普通のコピー用紙でも大丈夫かも。

マスキングテープはmtのものを。ファクトリーツアーに参加したとき購入したものと参加記念に頂いたもの。

カッターマットがなければ不要な雑誌やダンボールでも大丈夫です。

手作りスマホカバーの作り方

  1. 紙にマスキングテープを貼っていきます。
    スマホカバー
  2. スマホカバーを置いて鉛筆で型どり。
  3. ハサミでカバーの形に切ります。
  4. ここまでできたら一度カバーに入れてみてサイズを微調整。
  5. スマホカバーを置いてカメラの部分を型どり。
  6. カッターでくり抜きます。
  7. カバーとスマホの間に挟んで完成!
    スマホカバー

意外と簡単。20分くらいでできました。

ってあれ?

柄が上下逆になってる!

カメラの穴を開ける際はご注意ください…。

まぁ気にせずしばらくはこのまま使ってみようと思います。

生地を挟み込んだり英字新聞を使ったりしてもかわいいかも。

なんかスマホへの愛着度が増しました。

簡単にしかも安くオリジナルのカバーができるので、興味のある方は挑戦してみてくださいね。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly