ちいさな暮らし+投資のチカラはすごいなと思った話。

わたしの友達のお父さんは、株で儲けたお金で退職後に新築一戸建ての家を現金一括で購入しました。

リーマンショックで一部損失を出したようですが、その後のアベノミクスで利益を取り戻し。

「へー。」と思って聞いていましたが、改めて考えるとすごい話です。

スポンサーリンク

そのお父さんのお金との付き合い方で特に「いいな。」と思ったことがあります。

本当のお金持ちの暮らしは質素

利益の出し方ももすごいのですが、もっとすごいと思ったのがその暮らしぶり。

上場企業の役員でありながら家を建てるまでは団地に家族4人で住み、つつましく暮らしていました。

決してお金がないわけではないけど、あえてその生活を選択していたのが「本当のお金持ちだなー。」って思ったんです。

お金持ちって一見それとはわからないくらい、暮らしぶりは質素って聞きます。お金の使い方が派手でブランドものを身につけたりわかりやすいのは成金。その差は大きい。

リスクを取りながらも堅実

住宅ローンをあえて組まずに退職金にも頼ることなく、投資の利益で家を手に入れる。

最終的に利益がでなければそのまま団地に住み続ける。

損失を出したとしても日々ちいさく暮らしている+退職金に手を出していないため老後資金へのダメージが少ない。

利益が出たことではじめて実行に移す。

リスクを取りながらも、とても堅実だなって思います。

こどもにお金をかけすぎない

そしてこどもの大学までの学費は出すけど、お小遣いは自分で稼ぎなさいという風にお金の教育もしっかりしている感じでした。

そういうことを聞くと、甘やかす=愛情ではないなと感じます。

まとめ

そういうお金の貯め方、増やし方、使い方、いろんな意味ですごいなって思います。

友達は株の話をされても興味がないのでちんぷんかんぷんみたいですが。笑

これからも色々なひとから刺激を受けながら、お金について考えたいなと思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本日もお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly