睡眠の質をあげるために実行したい9つのこと。

先日ニュース番組で睡眠障害の特集をみました。
スマホやSNSの普及に伴い、睡眠の質が落ちているということでした。

睡眠中にメッセージが入ってその都度反応してしまい、なかなか上手く眠れないことってあると思います。

その原因はパソコンやスマホ画面のブルーライトです。

スポンサーリンク

ブルーライトは朝日の波長に似た、脳を覚醒させる光です。
網膜が強いブルーライトの刺激を受けると、メラトニンという睡眠を司るホルモンの分泌が抑制されて脳が覚醒します。

わたしもスマホを枕元に置かないようにしたいのですが、緊急時対策のために置いています。
LINEなどのグループトークだと次々トークが入ってついつい見てしまうことがあるんですよね。

睡眠には最適な長さがある

名古屋大大学院の研究グループが日本人約11万人の睡眠時間を調べたところ、7時間睡眠のひとが一番長生きするとの調査報告があります。
睡眠は長すぎても短すぎても体に良くありません。

睡眠の質を上げるには

  • 寝る2~3時間前にはなるべく液晶画面(TV、スマホ、タブレット)を見ないようにする。
  • 夕飯は控えめに。できれば寝る3時間前に済ませておく。
  • 湯船につかって体を温めリラックス状態に。
  • ストレッチなど軽い運動をする。
  • 間接照明などで部屋を薄暗くする。
  • 気持ちが安らぐ音楽を小さい音量で流す。
  • ホットミルクやハーブティーを飲む。
  • 好きな香りのアロマをかぐ。
  • ワクワクする楽しいことを考える。

実際こどもと一緒だと、ゆっくりお風呂に入ったりなんてことは不可能なんですが(笑)
できることだけでも実行することで短期間でもぐっすり眠れるようになりました。

睡眠の質があがると、起きている時の生産性もあがりますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本日もお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly