お金を貯めるのは簡単。大切なのはどう活用するか?

今月はボーナスなど、臨時収入がありました。
ひさしぶりにマネーフォワードで総資産のチェックをしてみると、大台を突破していました。

月々の住宅ローンと年1回の繰り上げ返済をしながらの割には貯金のペースはいい感じ。

何か特別な投資で大儲けしているの?とお思いかもしれませんが、コツコツ積み立てる投資中心で、特に大きく儲けられるような投資には手を出しておりません。

基本的にはお給料からの貯金のみです。

お金の貯め方について、まとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

家計簿をつける

まずは実態把握からはじめましょう。

現実を直視することから始めます。

もし赤字家計であれば、無理せず削れる項目はないか?考えてみましょう。

他人の家計簿に合わせる必要はありません。

自分たちが実現したいことの優先順位をつけて優先順位の低いものには使うお金も少なく。

メリハリをつければ予算内におさめることができた上、満足度もアップします。

月単位、年単位でみてあまり細かいことは気にせず年単位でおさまっていればOKとゆるく管理します。

そして現金で管理できるようになってからクレジットカードを検討しましょう。

クレジットカードはポイントが付いてお得な反面、使用月と支払い月がズレるので管理が複雑になり、家計管理自体が嫌になってしまいます。

固定費を削る

家計簿で家計を把握したあとは、固定費の削減に挑戦です。

家賃や通信費など、毎月定期的に出て行く出費で不要なものは徹底的にカットしましょう。

友達数人で話していると、利用していないヤフオクの会員費や部屋に入りきらない荷物のためにトランクルームを借りていたり…。

たかが数百円、されど数百円。何ヶ月も支払えばそこそこの金額になります。

解約や見直しは正直面倒ですが、期限を決めて思い切ってやってみましょう。

「やらなきゃなー」っていう気持ちからも解放されてすっきりしますよ。

見直しを重ね、収入>支出になれば、お金は自然と貯まります

わが家も通信費に関してはまだまだ改善の余地ありです。

ダンナさんがこだわりがあるようで交渉が難航しておりますが、妥協できるところとできないところ、代替え案などをしっかり話し合って改善を目指していきたいと思います。

自分にあったやり方をみつける

自分に合ったパターンを決めてしまえば楽しく続けることができます。

家計簿もわたしはレシートをすぐ捨ててしまいたいので毎日入力していますが、週1回とか月1回が自分に合っていればそれでOKです。

初めはノートに書いていましたが集計が面倒でただのメモになっていたのでエクセルで自分用のフォーマットを作成、計算式を入れて自動集計できるようにしました。

食料品の買い出しは週末のみ。

毎週同じ金額に設定するよりも、1週目:額多め→2週目:額少なめ→3週目:額多め→4週目:額少なめというやり方が合っていたのでそうしています。

ちなみに5週目は予算少なめで、家にある食材(缶詰、保存食)を食べきることを意識しています。

貯まったお金をどうするか?

まずは、生活防衛費をキープ。

目安は月々の生活費6ヵ月分~2年分と言われています。

わが家は貯金が少ない時点では2年分を目安にしていましたがいまは6ヵ月分にしています。

何かあれば投資を一部解約したりとなんとでもなるかなという考えからです。

家族で楽しめることに使う。

貯めることが目的になってイライラカリカリ貯金疲れしていては本末転倒です。

わが家では主に旅行に使っています。

共通の目標があれば家族も協力してくれますよ。

ものより経験、量より質。わが家のお金をかけるところ、かけないところ。
家によってお金の使い方って違うと思います。 わが家なりのお金のかけかたについて考えてみました。

投資でお金のスキルを身に付ける。

セゾン投信投資信託の積立を、SBI FXトレードで外貨の積立を行っています。

増えるか増えないかは正直わかりません。

投資は自己責任と余剰資金で。

そう思って勉強→実践すれば、間違いなくお金に対してのスキルと知識が身に付きます。

目的は貯めることではない。

正直お金を貯めること自体に意味はありません。

何のために、誰のために、どう使うか?

それを意識して日々お金と向き合っていくことで人生自体が楽しいものになっていきます。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly