一人暮らし時代の家計簿公開。800万円貯めたシンプルな貯金ワザ。

一人暮らしで貯金が全くできない!

そんなことで悩んでいませんか?

わたしは就職してから一人暮らしをはじめ、5年後にダンナさんと結婚しました。

給料の手取りは23万円程度でしたが結婚する際の貯金総額は約800万円。

一人暮らしの割には貯まっていた方だと思います。

(この貯金は結婚してから家計に合算して結婚式や住宅購入でどーんと使っちゃいましたが…。)

会社の子が「お金が全然貯まらない。」と言っていたのを聞いて、当時どうやって貯金していたのかな?と思ったのでまとめてみます。

スポンサーリンク

当時の家計簿

賃貸一人暮らし(2年間)

家賃(ネット含む)…7.5万円
食費…1万円
水道光熱費…1万円
雑費…3千円
携帯…3千円
通勤…8千円
お小遣い…5万円
貯金…7.1万円

年間貯金額…85.2+40(ボーナス)
合計貯蓄額(2年)…250.4万円

ルームシェア(3年間)

家賃+水道光熱費…4万円
食費…1万円
雑費…3千円
携帯…3千円
通勤…0円(自転車通勤)
お小遣い…5万円
貯金…12.4万円

年間貯金額…148.8+40(ボーナス)
合計貯蓄額(3年)…566.4万円

合計貯蓄額(5年)…816.8万円

お金を貯める方法

貯金方法

  • 引き落とし用と貯金用の口座を分けた
  • 自動積立を利用した
  • 投資は0で全て定期預金

節約方法

  • ルームシェアで家賃などの固定費を安くした
  • 定期代をもらって自転車通勤した(※会社公認)
  • 車は持たない
  • お昼はお弁当を持参

まとめ

ルームシェアの3年間で思った以上に節約できました。

固定費の削減はやはり効果がありますね。

洋服、化粧品、外食、習い事、実家への帰省代はお小遣いから出していました。

普通に外食に行き、特別我慢することなく買い物やたまには海外旅行にも行っていました。

一人暮らしで貯金がないという人に話を聞くとお給料をすべて使い切っている印象を受けます。

(ダンナさんもそのタイプでした。)

せっかく稼いだお金をなんとなく使うなんて勿体ないですよ。

自分の経験や大事な人、本当に欲しいものだけにお金を使うことを意識してみてください。

きっと自然に貯まるようになってきます。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly