断捨離を進めていくと服を買うときに失敗しなくなる理由。

昔から買い物が苦手でした。特に洋服。

新しい服をどのように買えば、いま自分の持っている服と上手に組み合わせることができるのか?

考えながら買い物をするのが苦手。

かといって友達や母親にすすめられるファッションも実はしっくりこない。

だから買い物はできるだけひとりで行きたい。うーんわがままです。

ファッション雑誌は好きで読んでいたんだけど実際活かしきれず。

でも断捨離を進める中で、最近買い物が苦痛じゃなくなってきたことに気づきました。

スポンサーリンク

服を買うときに失敗しなくなった理由。

  • 持ち物の量が少なくなった。
  • 自分の好きなテイスト(色、素材)を決めた。
  • 好きなブランド、お店を決めた。

自分にとっての「要、不要」「好き」がわかってきたからです。

以前より判断のスピードが上がり、「買ったけど着ない」ということがなくなりました。

昨日、ひさしぶりにバーゲンで服を買いました。

会社帰りで時間がなかったのでパッと10分くらいで購入しました。

以前は悩んで悩んで買えなかったんですが、いまは「これ!」と思ったら買う
迷ったら買わないと決めることで無駄に悩むことがなくなりました。

無駄な時間、お金を使うことがなくなり、結果満足できるように

衝動買いとはまた違う感覚です。

必要なら買う。不要なら買わない。

そういう判断ができるようになってきました。

洋服の断捨離状況。

まだ着られるけど気に入っていない服を捨て、いま着ていて気に入っている服のみ残しました。

クローゼットはスカスカ。

私服勤務でジーパンNGなので、キレイめの服装が必要です。

上下各3枚程度を組み合わせて着るようにしていますが特に困ることはありません。

もしかしたら「あの人また同じ服着ている。」と思われているかもしれないですが、

それなりに清潔感があって色と形のバランスがおかしくなければOKと思うことにしました。

他人の目や意見を気にしすぎないこと

これもポイントかもしれません。

以前のわたしと同じように洋服選びに苦労している方がいらっしゃったら

数を減らすこと、自分の好きなテイストを決めてしまうことをおすすめします。

服を買うなら、捨てなさい(楽天)

服を買うなら、捨てなさい(Amazon)

フランス人は10着しか服を持たない(楽天)

フランス人は10着しか服を持たない(Amazon)

My Basic Note: ふつうの服でおしゃれな感じのつくり方(楽天)

My Basic Note: ふつうの服でおしゃれな感じのつくり方(Amazon)

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly