住信SBIネット銀行を忙しいあなたにおすすめしたい理由。

住信SBIネット銀行を使い始めて5年くらいになります。
パソコンとスマホで振込、コンビニとゆうちょ銀行で入出金できるので、時間効率もよくなりました。

スポンサーリンク

住信SBIネット銀行のおすすめポイント

振り込み手数料が月3回まで無料

わずかな手数料でも積み重なれば大きな違いですよね。
思いついたときにパソコン、スマホから手配できて「振り込み忘れ」が防げます。

【追記】2016年2月よりスマートプログラムが導入されました。

SBIネット銀行のスマートプログラム開始。現在のわが家のランク。
最近はマネーフォワードで残高確認していたのですが、ひさしぶりにSBIネット銀行にログインしてみました。 あれ?なんか画面が違う? ...

コンビニ、郵便局のATMでも入出金可能

お給料日に銀行ATMの長~い行列に並ぶのは、時間の無駄です。

コンビニならほとんど並んでいないので思いついた時にさっと入出金できます。
セブンイレブン、ローソン、ファミマ、ゆうちょ銀行などのATM月5回まで無料で引き出せます。
セブンイレブンのATMは24時間365日引き出し無料ですのでオススメです。

目的別口座が作れる

代表口座+目的別に5つまで作れます。
「旅行」「教育」「予備費」などなど、貯金の目的が明確になり貯まりやすくなります。

ATMからは代表口座のお金しか下ろせないので、いつの間にか使っていることもありません。
目的口座のお金をおろしたい時は、一旦代表口座に移動させます。

定額自動振込設定が便利

毎月定期的に決まった日に決まった額を同じ宛先へ振込む設定ができます。

わが家は住宅ローンを別の銀行口座から引き落としているため、引き落としの2日前に自動で引き落とし口座宛に振込み設定しています。

都市銀行と比較すると金利がいい

例えば

三菱東京UFJ銀行…0.025%
住信SBIネット銀行…0.08%
※1年定期(2015年4月16日現在)

ボーナス時期には金利がUPするキャンペーンも。

SBI証券と連動できる

例えば株や投資信託を購入するための資金を代表口座の中の「ハイブリッド預金」に入れておくと、証券口座の管理画面に反映され、すぐに購入資金として使うことができます。

普通預金の金利が0.02%ですが、ハイブリッド預金は0.08%になります。

住信SBIネット銀行のデメリット

以下はネット銀行全般のデメリットになります。

残高照会が面倒

通帳がないので残高照会は口座にログインする必要があります。

ざっくりと確認したいときはマネーフォワードを使っています。
銀行口座、証券口座、FX、クレジットカードなど10口座まで無料で登録でき、一括で残高確認できるので便利です。

以前の記事はこちら。

無料家計簿マネーフォワードに登録。こんな感じで使っています。
いろいろな口座にバラバラに入っているお金の管理どうしていますか? 各口座にログインして残高確認していますか? はっきり言って面倒...

セキュリティ面が心配

これが一番ネックですね。
不正送金が急増していて、2014年度の不正送金の被害総額は29億円に増加しています。

対策

  1. 数字と英語をランダムに組み合わせたパスワードを使用。他と同じにしない。
  2. ウイルス対策ソフトをインストールする。
  3. ソフトウエアが最新のものに自動更新の設定にしておく。

万が一不正送金の被害に合ってしまった場合

住信SBIネット銀行の公式サイトに下記の記載がありました。

個人のお客さまがインターネットバンキングによる不正な払戻し被害に遭われた場合には、預金者保護法及び一般社団法人全国銀行協会の申し合わせに準じ、原則、当社へ通知が行われた日の30日前の日以降になされた払戻しの額に相当する金額について被害補償を実施します。

一応、補償があるみたいですが、はじめから被害に合わない対策が重要ですね。

まとめ

デメリット対策をしたうえで利用すれば、時間もお金も上手に節約できます。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly