【不用品をお金に替える】頂きものの不要・必要は即判断が正解。

先日の断捨離中に頂き物のサプリメントや化粧品がでてきました。

自分では飲まない&使わないし、身近にもらってくれる人も思い当たらず。

処分しようかなと思いながら何気にメルカリで調べてみると意外と高値で取引されています。

賞味期限や使用期限に問題がなかったので試しに出品してみることに。

平均取引価格より100円下げて出品すると両方ともその日のうちに販売できました。

利益は2つで5,000円ほど。

手間も時間もかからず予想外の臨時収入となりました。

スポンサーリンク

頂きものの不要・必要は即判断が正解

断捨離でわが家の適正量が把握できるように

家の中のモノの総量が減ったことで、何がどこにどれくらいあるか把握できるように。

わが家にとってのストックの適正量も分かってきたため、無駄な買いだめをしなくなりました。

また「必要」「不要」の判断ができるようになり、「安いから」「使うかも」「あったら便利」「念のため」という買い物が減りました。

不用品がお金に替わる確率が高くなる

家にモノが多かったころは、今回のようなものを見つけたとしてもすでに賞味期限や使用期限が切れていて結局ゴミになっていました。

モノの量を減らして「必要」「不要」の判断をすぐにすることでお金に替わるかゴミになるか変わってきます。

今回の出品物も、もらった瞬間に「不要」と判断してすぐに売りに出せば、さらに高値で売れたみたいです。

不要なものは1日でも早く手放すのが正解だなと感じました。

まとめ

自分で買うものはよく考えて購入するようになりましたが、もらい物に関しては中には「不要」と感じるものもあります。

自分が高いお金を出して買ったものはどうしても「高かったのに。」と思いがちですが、もらいものであれば元手がかかっていない&思い入れがないので意外とあっさり手放すことができます。

今後もらいものに関してはさらに短時間で「必要」「不要」の判断をし、「不要」なものはさっさと手放すことを習慣づけていきたいと思います。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly