電化製品をお金にかえる。自動お掃除ロボットルンバ530を売却。

すこし前ですが、LINE MALL(ラインモール)でルンバを売却しました。
2年前の使用品の掃除機なんか売れるのかな?と思ったんですが15,000円くらいで売却できました。

スポンサーリンク

育休があけて職場復帰するときに「あれば便利」と購入しました。よくあるパターンですね。
初めはもの珍しさもあってちょこちょこ使っていたのですが、徐々に出番が少なくなり。
手でやる掃除機の方がはやいので、別の掃除機でルンバを移動させてその下を掃除する始末。ルンバは出しっぱなしだったのでその上のホコリも拭く必要がありました。

何より掃除機の中の掃除が面倒でした。汗
たいしたパーツではありませんが、細かい部品の隙間に挟まったゴミを取るのにイライラ。
下に落ちたホコリをまた別の掃除機で吸うのも無駄な気がして。

ちゃんと使いこなせれば便利だし、時間の節約にもなったとは思うのですが、わたしには合いませんでした。
本当に使いこなせるか、もっとよく考えて購入するべきでした。大反省。

「LINE MALLに出品したよ。」と母にいったところ「譲って~。」と言われましたが丁重にお断りしました。
わたしと同じ性格なので、そのうち使わなくなるのは容易に想像がつくからです。

ルンバに気づかせてもらったこともあります。
ものをいちいち動かしながら掃除機をかけていたのですが、ルンバは就寝時に使用することもあったので、稼働する前に床のものを全て上にあげていました。
通常の掃除の際にも同じようにやってみると、無駄がなく結果的にはやく掃除が終わります。

そして、もの動かすのが面倒でできるだけものを減らして床置きしない方法を考えるようになっていきました。
家具を選ぶ際もルンバが通れるのが10cm以上必要だったので、脚付の家具を選ぶようにしていました。
掃除機も入りやすく、家具下もきれいにほこりが取れます。

無印の家具で1番改善してほしいのは家具の下のすき間をもう少し開けて欲しいことです。
掃除機は入らないし、中途半端にすき間があるのでホコリはたまるしで、シート型のワイパーで掃除していますが本当になんとかしてほしい。
みんなは特に困っていないのかなー。

ものを得ること、手放すことによって気づけることがあります。
「自分には必要ない」と思った瞬間に手放せる決断力と行動力があればものも無駄にならず、家もすっきり片付くはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本日もお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly