お米にはこだわり有。ミニマリスト志望のわたしがおすすめしたい精米機。

わが家のお米は実家からわけてもらうコシヒカリ。
玄米の状態で30Kgの袋に入ったものです。

以前は実家でお米を作っていましたが、わたしと妹がお嫁に出て父も他の事業が忙しいので、つくるのを止めてしまいました。
いまは知り合いの農家さんからわけてもらったものを実家で専用の冷蔵庫?にいれて保管しており、帰省時に頂いています。

スポンサーリンク

いま使っている精米機はこれです。
料理の達人、道場六三郎さん監修の精米機。

精米したてのお米がこんなに美味しいとは思いませんでした。
おいしいご飯のポイントは、「精米したて」「研ぎたて」「炊きたて」です。
お米は精米した瞬間から酸化がはじまり、味が落ちていきます。

精米中の音は少しうるさく感じますが、5合でも3分弱で精米できるのでそこまで気になりません。

パーツもシンプルなのでお手入れも楽チン。ズボラにはありがたいです。
米ぬかもぬか床、美容、掃除にと色々使えます。

通常の玄米からの精米以外にも、「フレッシュ」「無洗米」もあります。
「フレッシュ」…白米を磨くことで、精米したての味を楽しむことができます。
「無洗米」…キャンプに持っていくときに便利です。

サイズも小さめなのでキッチンにおいておいても場所をとらず、白なので目立ちません。
色は他にブラックとレッドがありました。

家電はあまり持ちたくないのですが、これは買ってよかった家電のひとつです。
山本電気さんの商品はどれもスタイリッシュで性能が良くパーツが少なくお手入れも楽です。

もうひとつ持っているミキサーも、以前は離乳食作りにいまは夕食作りに役立っています。
素敵な家電は暮らしもハッピーになりますね。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly