こどもの虫歯の再検査結果。歯磨きの頻度と歯磨き粉の使用について。

先日、「ショック!こどもが虫歯予備軍の診断。治療は歯医者?大学病院?」という記事を書きました。

今回はその後の続きを書きたいと思います。

スポンサーリンク

2回目診察の流れ

口を開けて先生の診察を受ける

歯ブラシで歯磨き

うがい

奥歯の拡大写真を見せてもらいながら状況説明

フッ素を塗布

再検診の結果

「少し変色は見られますが削る程ではありません。C0(シーゼロ)、つまりは虫歯になりかけの状態です。

昔はなんでもかんでも削っていたけれどいまはできるだけ削らない治療に移行しているんですよ。」

結局、治療することなく診察は終了しました。

痛い思いをすることなくよかったね。

ついでに先生に質問をしてみました。

変色部分について

「消えることはありませんが、気にしなくて大丈夫です。」

歯磨きのタイミングについて

「毎食後、すぐに磨くのが一番です。」

歯磨き粉の使用について

「うがいが出来る子であれば使用してもいいですが、絶対に使用しないといけないものでもないので水でもOKです。」

虫歯の程度と症状

ところでC0ってはじめて聞きました。

虫歯にはC0、C1、C2、C3、C4の5段階あります。

先生によるとC0とはまだ歯に穴はあいていない状態。

C1以降になると穴があいて虫歯が進行してしまうので削る必要が出てくるとのことでした。

大人もですができるだけ早期に気づいて治してしまうことが大切ですね。
E-SMILE NET
出典:E-SMILE NET

治療費

前回は乳児医療書を使用して1回500円でしたが、今回は治療的なことを行わなかったためか120円ですみました。

助かります~。

まとめ

やっぱり歯は大事だね!って改めて思いました。

保育園で毎月検診をしていただいているので油断していましたが、親子ともども歯の健康には気をつけていきたいと思います。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly