使用から丸3年。電動自転車のバッテリーが無料交換になった理由。

パナソニックから【重要なお知らせ】が届きました。

内容は「電動アシスト自転車用バッテリー無料交換のお知らせ」でした。

2012年12月~2013年4月に製造された商品の中で、製造上の不具合が原因で発煙、発火の可能性があるとのこと。

この件は2015年の7月に発表されていたようですが、今回の案内ではじめて知りました。

結果から言うと、交換対象のバッテリーでした。

スポンサーリンク

わが家の電動自転車はPanasonic(パナソニック)GYUTTOmini(ギュット・ミニ)です。

↑こちらの2013年製。

いまのところ特に問題なく快適に使えています。

リコールの対象の確認と流れ

確認する場所

確認するのはバッテリーに記載されている

バッテリー品番ロット記号です。

ここに記載されているものが対象のものになるとリコール対象となります。

パナソニック

リコール対象のバッテリー品番とロット記号

パナソニック

Panasonic公式ページにも詳細が載っています。

連絡方法

フリーダイヤル(0120-870-355)に電話をかけるか、同封のハガキで連絡します。

家まで交換作業に来て頂き、新しいバッテリーと交換となります。

まとめ

ちょうど3年経ち、バッテリーはいつ交換したらいいのかな?って思っていました。

今回、予期せぬ事情で新品との交換となりますが、いまや電動自転車は保育園の送迎、買い物にと生活に不可欠な存在。

これからも大切に乗っていきたいと思います。

リコール対象の方ははやく交換依頼してくださいね。料金は無料です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本日もお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly