断捨離をすることでわたしがモノ以上に捨てられたこと3つ。

断捨離を知ってから段々すっきりとした暮らしになってきました。

  • 今後使うかわからないものは処分する
  • 似たような機能のものは1つだけにする
  • ストックを持ちすぎない
  • 買い換えるときは「本当に必要?」と問いかける

そんな感じで徐々にですがモノの量が減ってきました。

そして断捨離を続ける中で、他にも手放せていたものがあったことに気づきました。

スポンサーリンク

断捨離でモノと一緒に手放せたこと

1.執着心

断捨離していく中で、そのモノひとつひとつと向き合うことになります。

「今後も使いたいか?」

「捨てられないのはなぜ?」

そうすると、

もらったものだから処分したら悪いとか、思い出の品だからとか、高かったからとか色々理由が出てきます。

そういうときはシンプルに

「いまの自分に必要なものか?」

問いかけることでモノを手放すことができるようになり、モノ自体への執着心もなくなりました。

2.見栄

以前のわたしはブランド物も色々買っていました。

本当にそのブランドが好きなものもあれば、周囲から「すごい」と思って欲しくて買ったものもありました。

でもそういうものって持っていてもしっくりこない。

「本当に好きなのか?」

「見栄のために買ったのか?」

ジャッジして選んだものを大切に使っていく。

見栄をはること、見栄のためにお金を使うことが少なくなってきたなって感じます。

3.迷い

ものがたくさんあった時代はそれが目に入るたびに「あれはこうしなきゃ。」「本当は捨てたいんだけど。」と思考もごちゃごちゃ混乱していたのだと思います。

そして「しなきゃ。」がいっぱいで判断することができず「とりあえず置いておこう。」というものがドンドン蓄積されていきました。

モノを処分しだして目から入る情報が減るたびに、自分の頭がクリアになり、判断に迷う時間も短くなったと感じています。

まとめ

断捨離をすることで掃除の手間が減ったり無駄なものを買わなくなったりっていうのももちろん大きいと思います。

わたしはそれ以上に頭や心がすっきりしたのを感じています。

やっと自分のことが少しずつわかってきました。

断捨離は自分と向き合う作業。

もっと自分の本心に気づいてあげること。断捨離を通じて好循環をつくっていきたいと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本日もお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly