無料の公共施設を活用すれば、大きな土地も家も必要ない。

家を購入するときには土地の広さも考える部分ではないでしょうか。

ガーデニングを楽しんだり、ウッドデッキでバーベキューをしたり…夢は広がります。

わが家は土地30坪に建つ2階建ての家です。

小さな庭の一角に小さな畑スペースがあって、夏にはダンナさんがゴーヤやトマトなど野菜を数種類育てています。

固定資産税や購入価格を考えたとき、広い土地は現実的に無理でした。

でも実際住んでみて小さな家でも問題ないと感じています。

スポンサーリンク

無料で使える公共の施設を活用しよう

それは外に出れば使える施設がたくさんあると気づいたからです。

公園

わが家の近くには大きな公園があります。

かなり広くて歩くと1時間はかかります。

引っ越してきた当時、ひとりでウォーキングに出かけて迷いそうになりました。

そこには素敵な花壇があります。

少し前は桜、いまの季節だとチューリップが満開ですし、夏に向けては向日葵が一面に咲き誇ります。

また無料でバーベキューができる広場もあれば、こどもの大好きな大型の滑り台もあり。

家に場所を取るブランコやすべり台を置く必要もありません。

そして公園は電線などがないため、空が広いのです。

無料でここまで癒されるスポットって最高だな!って思うほど大好きな場所です。

図書館

読みたい本は図書館にないかインターネットで調べ、すごく待つ場合や図書館にない場合は購入するようにしています。

発売されてから図書館にはいるタイミングを知っておけば、そこまで待たずに新刊を読める場合もあります。

こどもの絵本も図書館で借りることも多いです。

成長とともに読む本も変わってきますので、その時楽しめる本をたくさん読んであげたいなって思っています。

ボランティアの方の読み聞かせや紙芝居もあるので、親子で楽しんでいます。

その中で気に入ったものがあれば購入するなど、借りる、買うのバランスを取っていきたいと思っています。

また貸出期間が決まっていることで、「あとで読もう。」ということが防げるのがわたしには合っています。

まとめ

公園を庭、図書館を本棚と思えば何でもかんでも所有しなくてもよくなるし、家にそこまでスペースを求める必要はないのかなと感じています。

わたしが家に求めることは

  • セキュリティ
  • リラックスして過ごせる
  • プライバシーが確保できる
  • 家族が仲良く暮らせる

もっと外の資源を活用して、持ち物は最低限を目指していきたいなと思います。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly