家の資産価値について考える。近所の中古一戸建ての販売価格調査。

いつも通る道にある一軒の家が売りに出されていました。

いくらくらいなんだろう??

気になるなー!と思っていたら、

門のところに値段が貼ってありました。

そのお値段は

スポンサーリンク

近所の中古一戸建ての価格

3,200万円。

スペックは

  • 築16年
  • 土地29坪
  • 南向き
  • 2階建て
  • 駐車場あり
  • 床暖房や浴室乾燥機も付いているみたい

お値段を見たのはもちろん買いたいからではありません。

ふと最近、「自分の家の価格っていくらくらいなんだろう?」って思ったからです。

こんな感じで中古物件がたまに売りに出されることがあるので、参考にみています。

売ったとき、貸したときどうなるのか?

持ち家の不動産としての価値を把握

持ち家=資産

ローン=負債

家は買ったらおしまいじゃない。

売った時の価格。

貸した時の家賃。

持ち家でも、自分の不動産の資産価値がどれくらいなのかはある程度把握しておくべきだと考えています。

メンテナンスして快適に住み続けることも大切だし、手放したくなったときはすぐに判断できるようにしておく。

ダンナさんもわたしも転勤の可能性がなく、いまのところ手放す予定はありませんが、他に住みたいところが出てきたら引っ越してもいいなって思っています。

ダンナさんは嫌っていうかもしれないけど。笑

家があるからと人生の選択肢を狭めたくないなとだけは思っています。

身軽な人生のために

今後、環境や心境の変化が絶対ないとはいいきれません。

だからいつでも身軽に動けるように、預貯金と同じく現物資産として不動産の価値を把握しておきたい。

今年中には一度査定をお願いしてみようと思います。

関連記事

・一戸建て購入のメリット、デメリット。家を買う前に考えておきたいこと。
・一戸建てを建てる時の注意点。外構費込のはずなのに別途費用発生?
・家の資産価値について考える。近所の中古一戸建ての販売価格調査。
・家は買わなくても死なない。不動産屋と大喧嘩したときの話。前編
・家は買わなくても死なない。不動産屋と大喧嘩したときの話。後編
・家の設計で失敗した点。システムキッチンに付け忘れたもの。
・契約直前の新築マンションを買うのをやめた理由。購入前の注意点。
・家選びで無理しない。身の丈に合った物件と住宅ローンのポイント。
・家の購入について。住環境を優先するか?交通の便を優先するか?

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly