住宅ローン繰り上げ返済の総額と早期返済のコツ。 新築戸建て7年目。

2009年に3,300万円で組んだ住宅ローン。

わが家は10年での完済を目指しています。

現在はあまり無理せず年1回の返済にしていますが、はじめの数年間は積極的に繰り上げ返済していました。

明確な目標があった訳ではなく、ただ住宅ローンの残高が減っていくのをみるのが楽しかった。笑

さて、この期間でいくら繰り上げ返済できたのか計算してみました。

スポンサーリンク

繰り上げ返済した総額

計算してみるとざっと2,000万円繰り上げ返済していました。

中小企業サラリーマン家庭にしてはがんばりました。笑

利息軽減のために「期間短縮型」を選択してきたので毎月の支払い額は変わっていませんが、元金と利息の割合が大きく変わりました。

住宅ローン繰り上げ返済「期間短縮型」を選択したわが家の現在。
住宅ローンの繰り上げ返済をするときに迷うのは「期間短縮型」と「返済額軽減型」どちらにするかですよね。まず2つの違いについて整理します。期間短...

住宅ローンってはじめの頃は利息の割合が大きいです。

繰り上げ返済をして元金を減らせば利息も減らすことができます。

だからといって繰り上げ返済しすぎると、手持ちの現金が少なくなり、なにかあった時に対応できない場合もあるかもしれません。

この辺はバランスが大切だなって思います。

うちは現金を気持ち多めに残すようにしています。

繰り上げ返済できた最大の理由

いま思い返すと、共働きでもちいさい暮らしを心がけたことが一番かなって思います。

新婚当時はダンナさんの会社の社宅扱いのアパートで家賃補助があったので家賃はネット込み月3万円。
会社の近くなので車は会社の駐車場に無料で置かせてもらい、ダンナさんは自転車通勤していました。

車を手放せばもっと貯金できたと思いますが、ダンナさんが車好きなので難しい部分なんですよね。

そしてダンナさんの転職に合わせて家を購入しました。

それからこどもが産まれるまではダンナさんのお給料内でやりくりしていました。
ボーナスも全額貯金。

そんな感じで頭金を貯め、どんどん繰り上げ返済をして、元金を減らすことができました。

まとめ

正直、身の丈以上の家を購入したなっていう気持ちはあります。汗
いまだったらもう少しちいさい家で価格を抑えるだろうなって思ったりもします。

この資金があればもっと投資に回せたなぁとか。笑

まぁ縁あって手に入れたこの家。

ご近所さんもいい人ばかりだし、一戸建てだとちいさいこどもがいて大きな声を出したり暴れたりしても迷惑がかからないっていうのはかなり気が楽な部分もあり。

できるだけすっきり心地よく住めるようにしていきたいなって思っています。

さて年明け早々、恒例の繰り上げ返済。またまた元金が減るのが楽しみです♪

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly