株と投資信託でお金を増やす。30代、40代、50代の投資比率。

わが家は現在、バランス型の投資信託をメインに積立投資を行っています。

貯金から投資へ。時間をかけてこつこつ積立中の投資信託の運用成績。
現在、セゾン投信やひふみ投信で投資信託の積立をしています。 お給料口座から自動で引き落としがかかるように設定しているので、積み立ててい...

バランス型の投資信託としてはセゾン投信が有名ですね。

月5,000円からの積立で世界への投資が可能です。

今年は確定拠出年金(401K)の積立を始めるのと、個別株を組み込んでいきたいということで、何をどれくらいの目安があったほうがいいなと思っていたところ、「お金持ち入門」で、株や債券、投資信託でお金を増やすことについて書かれていました。

スポンサーリンク

年代別おすすめ資産運用ポートフォリオ

30代

株式70%(国内20%、先進国30%、新興国20%)

債券30%(国内10%、先進国10%、新興国10%)

40代

株式60%(国内20%、先進国20%、新興国20%)

債券40%(国内10%、先進国20%、新興国10%)

50代

株式50%(国内20%、先進国30%、新興国10%)

債券50%(国内20%、先進国20%、新興国10%)

債権の割合=年代となり、年齢があがるにつれて安全資産の割合が増えています。

若いうちは損失が出たとしてもリタイアまでの期間も長いので、少し積極的に投資していきましょうということですね。

そして年代があがるにつれて安全資産の比率を上げていく。

一度、30代のバランスを参考に、ポートフォリオを組んでみようかなと思います。

投資のリスク管理とは

個別でも全体でもどこまでリスクを許容できるか?を考えておく必要があります。

損しないほうがいいに決まっていますが、リスクを取らずに利益を得ようというのは無理があります。

投資は自己責任です。

「儲かりそう」

「人気がある」

「おすすめされた」

という理由だけで手を出さないようにしたいですね。

投資の基本は「小さく、ゆっくり、長く」

少額で、時期を分散しながら購入し、3年以上は持ち続ける。

株であっても投資信託であっても基本の考え方は同じ。

焦らず、草食投資で行きたいと思います。

お金持ち入門 資産1億円を築く教科書(楽天ブックス)

お金持ち入門 資産1億円を築く教科書(Amazon)

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly