リクルートポイントをPontaに交換、ローソンで商品に交換した話。

税金支払い用に作成したリクルートカード。nanacにチャージして固定資産税や水道代の支払いに使っています。
先日税金を支払った分のポイントが付与されていました。

今回はリクルートポイントをPontaに交換してローソンでお試し引換券に挑戦してみることにしました。

アーモンドチョコレート

引換えたのはアーモンドチョコレート。ミルキーなお味です。
税込238円の商品が110pointで交換できました。

スポンサーリンク

リクルートポイントとは

リクルートポイントはポンパレモールやじゃらんなどリクルートのサービスを利用すると貯めることができます。

貯まったポイントは再度サービスで利用したりローソンやケンタッキーなどで使えるPontaとも交換できます。

リクルートポイント

リクルートポイントには3種類あります。

  • 通常ポイント
  • 期間限定ポイント
  • サイト限定ポイント

このうちPontaと交換できるのは通常ポイントのみです。

入会キャンペーンで付与された期間限定ポイントはポンパレモールで本の購入に使いました。

事前準備

リクルート会員登録をする

リクルートポイントのサイトで会員登録をします。

PONTAカードを作る

ローソンのレジで「Pontaカードを作りたいんですが。」と言ってみましょう。

そのまま店内のLoppiに案内され、店員さんの指示通りに住所や電話番号、氏名などを入力。
カードはその場で発行。3分くらいで完了しました。

通常のお買い物100円毎に1ポイント付与され、1point=1円として使えます。

WEB登録だと抽選でpointが当たるキャンペーンがあったりします。
発行までに約2週間かかるみたいなのですが急がない方はそっちでもいいかも。

リクルートポイントをPontaに交換

おおまかな流れはこんな感じ。

  1. Ponta会員画面にログイン
  2. Ponta会員IDとリクルートIDのコネクト登録をする
  3. リクルートポイントをPontaに交換する
  4. ローソン店内のLoppiでお試し引換券を発行して商品と一緒にレジへ持って行く

お試し引換券注意事項

  • リクルートポイントからPontaへの交換は100ポイント単位。
  • お試し券でのお買い物でもPontaポイントが付与される。
  • お試し引換券は火曜日と金曜日に更新され、ネット予約も可。(予約後24時間以内有効)
  • お試し引換券には有効期限がある。(発券後30分以内有効)
  • お店に商品在庫がない場合、ポイントは自動で戻る。
  • お酒は17:00以降の引き換え。
  • 券発行の上限は1商品につき2枚まで。

LOPPiすら触ったことのないわたしにもできるのか不安でしたが意外とスムーズにできました。

興味のある方はお店が空いている時間帯にやってみてくださいね。

次回はダンナさん用にお酒との交換にチャレンジしてみたいと思います。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly