洗濯機の機能比較。縦型とドラム式のメリットとデメリット。

洗濯機が壊れたため、新たに購入するものはどんな洗濯機がいいのか調べていました。

ミニマリストの持ち物。ミニマムな生活に洗濯機は必要?
洗濯機が壊れました。 少し前から脱水時に音と振動が大きくなって「そろそろ危険かも。」という予感はしていました。 そのうち症状が悪...

候補としては縦型洗濯機。

前回もドラム式洗濯機と悩んだ結果、縦型洗濯機を選択しました。

再度考えをまとめるために、縦型洗濯機とドラム式洗濯機の違いについてまとめてみました。

スポンサーリンク

縦型洗濯機とドラム式洗濯機の違い

大きくは洗浄方法と乾燥方法が異なります。

洗浄方法

縦型洗濯機は、洗濯槽に水をためて底の羽をぐるぐる回しながら渦巻き状の水流でもみ洗いする洗浄方法。

生地同士をこすり合わせて洗うため、泥汚れに効果が高い

ドラム式洗濯機は、ドラム槽ごと回転して衣類を落として洗うたたき洗いする洗浄方法。

少量の水での洗濯で洗剤成分を濃く使うことができるため、皮脂汚れに効果が高い

乾燥方法

縦型洗濯機は、ヒーター式

高温になるので生地を傷めやすく、電気代も高くなる。

ドラム式洗濯機は、ヒーター式とヒートポンプ式

仕上がりがふんわりでヒートポンプ式は電気代も安い。

縦型洗濯機のメリットとデメリット

メリット

振動・騒音:小さい

洗浄力:強い

購入価格:安い

洗濯時間:短い

洗濯物の追加投入:できる

得意な汚れ:泥汚れ

デメリット

乾燥機能:しっかり乾かない

節水:水を多く使う

時短:干す手間、取り込む手間がかかる

生地:傷みやすい

ドラム式洗濯機のメリットとデメリット

メリット

乾燥機能:特にタオル等はふわふわに仕上がる 天候を気にせず洗濯できる

節水:少ない水で洗える

時短:洗濯から乾燥までできるので、干す手間、取り込む手間を省ける

生地:傷みにくい

得意な汚れ:皮脂汚れ

デメリット

振動・騒音:大きい

洗浄力:弱い

購入価格:高い

洗濯時間:長い

洗濯物の追加投入:できない場合がある

まとめ

洗浄力で選ぶなら縦型洗濯機

乾燥まで仕上げるならドラム式洗濯機

どちらの機能を重視するかで洗濯機を選べばいいということですね。

ドラム式洗濯機を使っている人に話を聞くと「タオルのふわふわ感がすごい!」と言っていました。

これは本当に魅力的。

実家でも昔、ヒーター式のドラム式乾燥機を使っていて雨の日は大活躍でした。タオルの仕上がりもふわふわ。

ただ、シワになりやすい素材のものと、なりにくい素材のものを一緒に最後まで乾燥してしまうとシワがすごいことになってしまうそう。

シワになりやすい素材のものだけ別で洗うか、乾燥の途中で生乾きの状態で取り出して干すかなにかしらの一手間必要です。

わが家はダンナさんが洗濯担当なのですが、素材別にきっちり分けたり途中で取り出したり細かいことはしなさそう。

なのでわが家はやっぱり縦型洗濯機になるかな?

縦型洗濯機とドラム式洗濯機で迷われている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly