実家の断捨離。スムーズにものを減らす方法。

実家の断捨離ってされていますか?

親がしっかりものを捨ててくれるタイプなら何の文句もありません。

でもうちの親はどちらかというと「もったいない。」と溜め込むタイプです。

自分のものではないし、なかなか難しいですよね。

そんな中、少しずつですが一緒に片付けできるようになってきました。

スポンサーリンク

実家の断捨離を進めるコツ

元自分の部屋のものを捨てる

実家の自分の部屋にまだものが置きっぱなしなんてことはないでしょうか。
ここは逆に親が気を使って触っていない場合が多いんですが、本人からしたらあることすら忘れている場合があります。
まずは自分の私物を0にしましょう。

年に数回の帰省時に少しずつ捨てていったので1年くらいかかりましたが片付けることができました。
学生時代に使用していたベッドや勉強机も、了承を得て処分しました。
ダンナさんと義弟で力仕事をこなしてもらえたので助かりました。

使わない、使い切れないものを引き取る

母に時々フリマに出店しているという話をしたところ、毎回用意しておいてくれるようになりました。
新品、美品の頂き物のタオルや買ったけど着ていない服、使いきれない消耗品、趣味じゃない雑貨など。

「これから先も使わないし、処分したいけどもったいない」気持ちがあって片付けられなかったのが、受け入れてくれるところがあるということでスムーズに流れるようになりました。
一回出すと、これもいいらかなー?という感じでどんどん出してくれるようになりました。

中には売れないなーって思うものもありますが、全て自宅に持ち帰り、自宅で処分します。
全部持ち帰ることで、ものを出すハードルが低くなるようです。

たまに実家に帰るときにデパ地下のケーキをもって「この前貰った商品売れたよ。ありがとう。」と報告しています。
母からも不用品が美味しいお菓子になったということで喜んでもらっています。

実際には捨てたり売れていなかったりする場合でも、そう伝えることでまた何か出そうかなーという発想になってもらえますよ。

片付いた家を体感する

ダンナさんの実家は一戸建てにお義母さんが一人で住んでいるんですが、かなりすっきりと片付いています。
結婚が決まったときに食事会に招いて頂いたのですが、母親はびっくりしていました。笑
そこから断捨離が進んだように感じます。

まとめ

あまり口出しせずに主体は親で、こどもはあくまで手伝うというスタンスでやっていくとうまくいくのではないでしょうか。
断捨離の先にあるよい事(うちでいうと美味しいお菓子やすっきりした暮らし)がイメージ、体感できるようになってきると行動できるようになると思います。

とはいえ田舎の家でかなりの広さがあるので、まだまだ断捨離は続きますが、親が健康なうちに進めていきたいものですね。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly