断捨離をして量の多かったもの。第一位は衣類、第二位は意外なものでした。

断捨離をして量の多かったもの。

第1位はやはり衣類でした。

1枚1枚がかさばる上に、着ていない服ほどキレイで手放しづらい。

そんな感じでかなりの場所をとっていました。

クローゼットから出したものの保留にしていたものを今年は一気に手放してみることに。

結果、かなりの量の衣類を断捨離することができました。

スペースが空いてすっきり♪

そして衣類の次に量が多かったもの。

わたしにとっては意外なものでした。

スポンサーリンク

薄くても集めるととんでもない量に

それは紙類です。

ひとつひとつは薄くててかさばらないイメージでしたが、家中の使っていないものを集めてみると結構なボリュームがありました。

そして重い!

中にはプリンターが壊れてからも処分を忘れて持ち続けていたものもあり、改めて見直してみると使えないものも多々ありました。

わが家の紙類

  • プリンター用紙(紙、ラベル、はがき、写真)
  • コピー用紙
  • 厚手の紙
  • 紙袋(持ち手あり・なし)
  • スケッチブック
  • 便箋
  • 封筒
  • メモ帳
  • ルーズリーフ
  • 付箋

処分方法

  • プリンター用紙(紙、ラベル、はがき、写真)→捨てる
  • コピー用紙→メモ用紙、揚げ物の敷き紙として消費
  • 厚手の紙→捨てる
  • 紙袋(持ち手あり)→紙ゴミを入れて回収に出す
  • 紙袋(持ち手なし)→下着など見られたくないものを捨てる時に入れる
  • スケッチブック→こどものお絵かき用
  • 便箋→メモ用紙、揚げ物の敷き紙
  • 封筒→お金を返したり、小物を渡す時用
  • メモ帳→メモ用紙
  • ルーズリーフ→メモ用紙、揚げ物の敷き紙
  • 付箋→資格勉強

まとめ

見直してみると封を開けていない新しいものもたくさんあって本当にもったいなかったです。

数百円で手軽に購入できる分、たまりやすい紙類。

今後は必要になった時に随時買いにいこうと思います。

また文具類はノベルティでもらったりする機会も多いので、できるだけもらわない様に気を付けたいと思います。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly