【断捨離】とりあえず残しておいた段ボール類も処分できました。

「商品発送の際に使えるかも。」

「収納に使えるかも。」

と取っておいた段ボール箱や緩衝材などの梱包資材。

メルカリやヤフオクで売るものも大分少なくなってきたこともあり、一旦処分することにしました。

スポンサーリンク

モノを処分することでこれも減らせた

不用品がたくさんあった時は、「手放すためにはこれも必要。」とモノだけでなくそれを梱包するための資材も多く所有していました。

実際、ちょうどいいサイズの梱包資材があって助かったこともあります。

また、「収納に使えるかも。」と取っていた分もあります。

でも気づけば「念のため」「なかったら困るかも」そんな心理で「とりあえず取っておこう」と溜め込むクセがついていました。

今回、場所を取っていた梱包資材を処分したことで、風通しがよくなり部屋がかなりすっきりしました。

箱

断捨離したもの・残したもの

梱包資材

手元に残っている手放したいものに合ったサイズの箱を残し、それ以外は手放すことにしました。

収納用箱

  • メタルラックで使いやすい同じサイズの箱を複数個

上記の使いやすいサイズのものは残し、それ以外は手放すことに。

まとめ

考えてみると最近はAmazonなどを頻繁に利用しているため箱などはよく手に入ります。

また必要に応じて購入したり、もらったりすることもできます。

「無料だから。」「腐るものではないから。」と置いておかずに必要度に応じて持つこと、持たないことを選択していく。

これからも意識していきたいと思います。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly