白いシャツがくすんできたら、酸素系漂白剤でパリッと洗濯。

白いシャツがくすんできたので酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)で煮洗いしました。

気になっていたくすみが取れ、白さが戻ってウキウキです。

スポンサーリンク

酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)とは

過炭酸ナトリウムは、炭酸ナトリウム(炭酸ソーダ)と過酸化水素が2:3 の

割合で混在してできたものです。
水に溶けたときに出る活性酸素が汚れを化学的に分解します。

洗濯以外にも掃除やカビ取りなど、活用方法は様々です。
においがほとんどしない、水に流しても影響が少ない、でも汚れが落ちるステキな漂白剤。

元々、赤ちゃんの産着の洗濯にいいよ!と教えてもらってから、使い勝手の
よさに必須アイテムになりました。

やさしい 酸素系漂白剤 750g(楽天)

やさしい 酸素系漂白剤 750g(Amazon)

酸素系漂白剤~煮洗いの方法~

  1. 大きめのお鍋(ステンレス、ホーローなど)にお湯を沸かします。
  2. 酸素系漂白剤を入れます。
  3. シャツを入れます。
  4. 20分ぐらい煮ます。
  5. やけどしないようにシンクにシャツを出し、水をかけて洗浄。
  6. 洗濯機で洗います。(脱水のみの時も)

ついでにタオルとこどもの布おむつも漂白!

同じく真っ白になりました。

読むと少し面倒に感じるかもしれませんが、基本的にはほったらかしです。
漂白効果が目に見えてわかるのでヤミツキになりますよ。
色、柄物にも使えます。

洗濯する前に、酸素系漂白剤を使えるか?高温に耐えられる素材かは確認してくださいね。
デリケートな素材にはおすすめしません。

わが家の洗剤事情

重曹、セスキ炭酸ソーダ、クエン酸、酸素系漂白剤
が基本のラインナップとなっております。

目的別の洗剤を持たなくていいのはなんともうれしいですね。

ちなみに食器の頑固な油汚れには精米で出た米ぬかとスポンジで洗っています。
意外と汚れやヌメヌメがしっかり落ちるのでおすすめです。

酸素系漂白剤でやりたいこと

洗濯槽の漂白とお風呂のカビ取りです。

洗濯槽は気になりつつも購入してから約6年間そのままです。
見た目にはわからないけど、たぶんすごいことになりそう…。

お風呂のカビ取りは何回かチャレンジしたものの、なかなか効果的な方法にたどり着けず。

塩素系のカビ取り剤はにおいなど刺激が強いので本当は家に置きたくないんですよね。
カビがいやなので家に一応置いてありますが、はやく手放したい…。
より洗剤の数を減らすためにも、色々試してみたいと思います。

まとめ

お気に入りのものをメンテナンスして長く使えたらいいですよね。

家事に正解なんてないので、自分に合う方法、より楽にできる方法を実験!と
思って試していくと掃除や洗濯も楽しくなってきます。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly