銀行の金利が0.001%に。預金以外のお金の運用について考える。

日銀のマイナス金利政策を受けて、続々と大手銀行の普通預金の金利が0.001%になっています。

日経新聞ではゆうちょ銀行も今後0.001%に引き下げる可能性があると報じられていました。

貯蓄型の生命保険の販売停止も相次いでいますし、じわじわと影響が出はじめてきていますね。

0.001%の金利って具体的にいくらなんでしょう?

仮に100万円預けた場合の年間の利息はなんと10円。そこからさらに税金が引かれます。

とんでもなく低いですね。びっくり。

さらに今後は口座維持手数料も発生してくるかもしれません。

わたしも口座維持手数料の関係で休眠口座を解約しました。

銀行の休眠口座予備軍を断捨離しました。
りそな銀行から休眠口座管理手数料のお知らせがきました。 2年間預入れまたは払戻しがない口座が対象で、そのままにしておくと管理手数料が引き落と...

スポンサーリンク

こうなってくると何も考えず銀行にお金を預けているのはリスクだと感じてきます。

いまできることってなんでしょう?

銀行の口座を整理する

これは今後、口座維持手数料がかかるかもしれないからいうのもありますが、一番の目的は家計管理を楽にするためです。

たくさんの口座を持っているとそれだけでお金の管理が面倒になります。

管理が面倒になると使い方も雑になり、お金もなかなか貯まりません。

絶対に使う口座だけに絞り込んで、自然に貯まる仕組みをつくっていきましょう。

使っていない口座にも小額の貯金が入ったままになっている場合があります。

口座の解約自体も手間ですが、今後のことも考えて一度見直してみましょう。

お金の運用を考える

銀行に預けていても利息がつかないなら投資をするしかない?!

ちょっと待ってください。

未経験の方がいきなり個別株や裁量でのFXに手を出すのはやめましょう。

外貨預金も高金利に感じますが手数料が高いのでおすすめしません。

取引するのであれば勉強しながら、まずはごく少額で売買やデモトレード(仮想取引)から。

そして絶対損をしないなんてことはありえませんので、そのつもりで余剰資金で始めましょう。

わが家ではセゾン投信ひふみ投信で投資信託の積立、SBI FXトレードで外貨の積立をしています。

買うタイミングを考えなくていいのでとっても気楽。

セゾン投信以外は少しマイナスになっていますがいずれプラスになると信じて気にせず積み立てています。

今後は高配当の株もSBI証券マネックス証券で少しずつ所有していきたいなと考えています。

銘柄の探し方の目安について↓

株主優待や配当目当てで投資を行う際に銘柄を選ぶ2つのポイント。
少し前ですが、PRESIDENT Onlineで桐谷さんの「株主優待」についての記事を読みました。
株主優待や配当目当てで投資を行う際に銘柄を選ぶ2つのポイント。2
以前、桐谷さんの投資銘柄を選ぶ基準について書きました。 今回の記事ではよりサラリーマンに近い年収300万円の方が、利回り重視の銘柄選び...

まとめ

銀行にお金を預けることでお金を増やすことは難しい雰囲気になってきました。

親世代のように貯金しておくだけで倍増する時代があったなんて「本当?」って思ってしまいますよね。

減らないにしてもインフレになればお金の価値が下がってしまいます。

こういった状況を国のせいにするのではなく、自分がどうしたいか考え、できることから始めてみることが大切かなって思います。

※投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本日もお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly