貯金体質が身に付いた。結婚前に1年半で100万円貯めた方法。

わたし達夫婦は付き合って1年半で結婚しました。
20代後半ということもあったので、付き合った時点から結婚を考えていました。

当時ダンナさんはずっと実家暮らしだったのが、転職を機に一人暮らしを始めたばかり。
ほぼ貯金0で給料はあるだけ使うタイプ。

わたしは社会人になってひとり暮らしからルームシェアに変えて固定費が削減できるようになり、割と貯金できるようになっていたので、少しは貯金がありました。

でも、2人のことだからちゃんと平等に出し合いたい。

そこで2人で話し合い、計画的に貯金することにしました。

実行したことは2つです。

スポンサーリンク

デート代

月のはじめにそれぞれ20,000円ずつ出して共通のお財布に入れる。

そこから食事や旅行代を出す。
同い年なのもあってワリカンの方が気を使わなくていいし、レジもスムーズに行けるので。

結婚式代

各自30,000円ずつ出して、わたしがまとめて積み立て。

30,000円×2人×18ヶ月=1,080,000円

結婚前にお金のことも正直に話し合うことができたことで、なんでも話せるようになりました。

半ば強制的に徴収していたにも関わらず、素直に応じてくれたダンナさんっていいひとだなあと思いました。
貯金はできないけどケチじゃない。貯め方がわからないだけなんだ。

「お金ないなら結婚式せんかったらいいやん。」って言われたら結婚しなかったかも。
価値観が違うなって感じたと思います。

実は、「同棲して家賃を浮かせる。」っていう話もありましたが、会社の仲良くしてもらっている先輩に話すと

「独身の自由な時間はいましかないよ。数万円浮かすために自分の時間をなくしてしまうようなことはやめなさい。」と言われ。
本当にいま考えてもその通りだなーって思います。

結局ダンナさんとは結婚するまで別々に暮らしました。
ダラダラ先延ばしにすることなく結果的にはよかった。

現在の家計でも、再度目標を設定して意思共有したいなって思います。

目的をもって楽しく貯金するぞ~。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly